眠れない時の二日酔い解消方法!!〜ヘパリーゼ、ウコンに頼らない〜

昨日飲みすぎて二日酔いになってしまった朝、眠ることが1番の解消方法です。
だけど、朝から予定がパンパンに入っていて十分に眠ることが出来ない時ってあると思います。
そんな時の二日酔いの解消方法をお伝えします。
見出し
1.水分を摂る
2.ビタミンを摂る
3.昼食しっかり食べる
4.おしっこする
5.目を休める
6.日光にあたる
スポンサーリンク

1.水分を摂る

二日酔いは、目覚めても体にアルコールがまだ残っている状態です。
水分を摂るということは、体のアルコール濃度を低くするのに有効です。
ビール等は飲みすぎると血液をドロドロにすると言われています。
血液をサラサラに保つためにも、水分を摂ることは有効です。

2.ビタミンを摂る

二日酔いには柑橘系の食べ物が有効です。
例えばみかん、グレープフルーツ等は効率がいいです。
もし外出中で果物が食べられない時には、キレートレモンとか、ビタミンが豊富に入っているドリンクを活用しましょう。
ビタミンは美肌効果もあると言われています。
飲み過ぎで寝不足の肌の回復にも有効です。

3.昼食しっかり食べる

二日酔いの体は、まだ中にアルコールが残っている状態です。
このアルコールを薄めるためにも、昼食はしっかりと摂りましょう。
ぼく個人的なことで恐縮ですが、二日酔いの昼には暖かいうどんや暖かいご飯等、炭水化物を積極的に摂ることにしています。
炭水化物たちがアルコールをうまく吸収してくれて、体のアルコール濃度が下がる気がします。
これに関しては、個人的な体験とイメージに過ぎませんが。

4.おしっこする

二日酔いの際は、とにかく体のアルコールを外に出すということが大切です。
それも、単に排出するのではなく水分補給も併せて行いましょう。
体の中のアルコールまみれの水分を、まっさらな水分に入れ替えるというイメージです。

5.目を休める

二日酔いの際、眠れないと相当きついです。
予定がパンパンに詰まっている時でも、少しだけ目を閉じることは出来ると思います。
目を少し休めるということは、脳が休まり、プレ仮眠の様な状態になることが出来ます。
これをやるかやらないかで、二日酔いの辛さが変わってきます。

6.日光にあたる

よく晴れた日は気持ちがいいものです。
二日酔いで気持ちが悪い時でも、少し日向ぼっこをすると気分が少しだけ和らぎます。
また、ぼくのまわりで最近特に流行っているなーと感じるのは上記です。
酒好きで禁酒はできないけど、体もいたわりたいという10名以上の方の体験記を読みましたよ。
ヘパリーゼ、ウコンの力の次に台頭できる商品っぽいッ!!
上記から、詳しい説明をしてくれているページにとべます。
ということで、眠れない時の二日酔い解消方法!!〜ヘパリーゼ、ウコンに頼らない〜でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。