福祉用具営業きついし大変【実体験】特にきつかった体験だァァァァアあぁッ!

福祉用具営業きついし大変!
特にきつかった体験だァァァアッ!
きつい理由、大変さ、その解消方法まで!
ぼくは福祉用具専門相談員、福祉用具の営業だったことがあります。
福祉用具専門相談員の営業としてきつかったことは下記3つ。
きつい①力仕事
きつい➁急な対応
きつい➂作成書類
きつかった体験への解消方法まで。
きついのであれば行動!
この文章では、現状、きつい福祉用具営業の方のアクションのヒントを共有しています。
結論としては、営業で別業界へ行く、それか介護業界で別の職種に行く。
これ!!
同時進行で、副業で収入源を増やしておくことも挙げられます。
ゆっくりと衰退していっている日本。
転職のハードルが高くなります。
大変だーッ!
一説だと、スキルが無い日本人は東南アジアに出稼ぎに行くといった未来予測もあります。
ただ、長引くコロナで日本から出られないというリスクも出てきてしまいましたね。。。
ずっと福祉用具専門相談員だと大変だし、きついとぼくは思いますよ。
福祉用具専門相談員のエキスパートになって、ケアマネージャーを目指すという道もあります。
ただ、今の働き方に疑問があるのであれば行動しましょう。
今のうちに行動ッ!
具体的な方法もお伝えしますね。
見出し
1.福祉用具レンタル営業の仕事について
2.福祉用具専門相談員できつかったこと3つ
3.福祉用具営業きつい理由1 力仕事がある
4.福祉用具営業きつい理由2 急な対応
5.福祉用具営業きつい理由3 作成書類が多い
6.きついだけじゃない福祉用具専門相談員
7.福祉用具レンタル営業のきつさまとめ
スポンサーリンク

1.福祉用具レンタル営業の仕事について

kum07012000_TP_V.jpg
福祉用具営業はきついッ!!
きつい体験を共有ウゥゥゥッ!
きついッ!
ぼくは実際に、福祉用具専門相談員の営業として勤務させて頂いた経験があります。
福祉用具専門相談員はすごくやりがいあり。
でも、きついッ!
大変ッ!
「やりがい」と「きつい」のバランスはすごく重要!
福祉用具専門相談員はきつい。
福祉用具専門相談員はやりがいあるんですよ!
でも、きついし大変なんだよォッ!!
ぼくと似たような方には共感してもらえる内容だと思いますよー。
・仕事は生きるための手段
・「仕事は楽しむもの」という持論がある
・フリーターから間口が広い介護業界で就職した
・正社員というラベルを貼ってもらったので別の仕事にチャレンジしたい
・単純に収入を上げたい
ぼくは、福祉用具営業がとにかくきつかった!!
だから介護業界を辞めた人です。
営業職として他の業種に転職したんですねー。
DODAを利用していましたよー。
仕事は大変だったけど、休日はもらえていましたからね!!
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。

2.福祉用具専門相談員できつかったこと3つ

福祉用具専門相談員の営業としてきつかったことは下記の3つ。
きつい理由①力仕事
きつい理由➁急
きつい理由➂作成書類多
きついッ!
大変ッ!
以下にきつい理由の3つの詳細をお伝えしますね。

3.福祉用具営業きつい理由1 力仕事がある

福祉用具営業は、きついッ!!
福祉用具営業がきつい理由①力仕事
これは特に電動ベッド搬入・組み立て・撤去のことです。
電動ベッドってかなり重量がありますから。
一番きつかった思い出を。
真夏の日中のこと。
太陽もギラギラしていて熱い中。
電動ベッドの搬入です。
市営住宅の4階のご利用者様宅へ。
階段でッ!!
エレベーター無かったのがきつかったです。。。
でも、ぼくはこれ以上にきつい 引っ越しのアルバイトや土木作業の助手のアルバイトの経験もあります。
これらの作業に比べると全然楽でしたよ。

4.福祉用具営業きつい理由2 急な対応

福祉用具営業きつい理由②急な対応
これは、介護業界全体を通して言えることなのですが、ご利用者様の状態は常に変化します。
介護保険を利用して福祉用具をレンタルされる方は、いつ状態が急変するかわかりません。
迅速な対応は、福祉用具専門相談員として必須です。
でも、これがきついし大変ッ!
万が一のために休日も会社の携帯を持ち帰って、電話当番をしていました。
下記は平日の話です。
ある時、「亡くなってしまったので、すぐに電動ベッドを引き取ってほしい」という連絡がありました。
すぐにお通夜にしたいという希望があるとのこと。
お通夜をするのは電動ベッドがあった部屋で、とのこと。
電動ベッドがあるとその部屋が使えないからすぐに引き取ってほしいという依頼ですね。
時間外で夜遅くではありましたが、すぐに、先輩の福祉用具専門相談員と一緒に電動ベッドを引き取りに行きました。
夜遅くなので参ったなーなんて思いながら、作業をしました。
でも、撤去した後にご家族の方から
「本当に助かった、ありがとうございます。」
こんな風に言って頂けました。
これって「きつい」「大変」だけれども「やりがい」の一つだとぼくは思います。

5.福祉用具営業きつい理由3 作成書類が多い

福祉用具営業きつい理由③作成書類が多い
福祉用具レンタルも福祉用具販売も住宅改修も介護保険を使っているサービスです。
仕事ひとつひとつに国や行政が絡んでくるんですねー。
とにかく書類を作成したり、書類の申請をしたり、記録に残したりと、書類を書くことが多くありました。
作成書類が多いというところも、仕事がきつい理由になります。
ぼくは最初のうちは、手間取ってこれに時間がかかりました。
でも、この作業って、人相手ではありませんので、効率的に事務的に「こなす」ということが出来るようになりました。
こういった単調作業って、慣れると効率的にこなせるようになります。
この経験はこのブログを書く能力もそうですし、効率的に生きるということに役立っています。
AIが自動的にやってくれるのは、もう一寸先のようですしね。
こなして、労働時間をコンパクトにしましょ!

6.きついだけじゃない福祉用具専門相談員

仕事できつい体験、大変だと思ったことを書かせて頂きました。
どんな仕事でも、きついと感じることはあると思います。
ぼくは福祉用具専門相談員の営業を実際にやってみて、仕事できついと感じることは正直ありました。
でも、ご利用者様やそのご家族の「ありがとう」の言葉
感謝されるということの方が大きいので
その苦労が報われたように感じていました。
仕事の本質って、長時間労働することではなく、我慢することでもなく、顔色をうかがうことではなく、人の役に立つことです。
スポンサーリンク

7.福祉用具レンタル営業のきつさまとめ

前述したとおり、福祉用具レンタル営業できついことはありましたが、そのきつさは必ず報われます。
それ位、福祉用具専門相談員はやりがいがある仕事です。
実は、この話には続きがあって、ぼくは福祉用具専門相談員を辞めた経験があります。
転職です。
もし福祉用具専門相談員としての勤務で、きついことが他にある場合は転職をするのも一つの手です。
今は情報は取ろうと思えば誰でも簡単に取れる時代です。
万が一「営業」がきついということであれば、同じ業界内で手に職をつけるという道もあります。
ケアマネとかになって営業される側になるというのも一つの選択肢です。
下記にそういった道もあることが分かる情報をまとめてみました。
登録は無料で出来て、採用された後は働きながら資格を取ることも可能ッ!
是非ご覧ください。
登録だけでも、しておくというのも良いのかもしれません。
今の時代「知らない」ということはすごく恐ろしいことだとぼくは思います。
出来るだけ情報は多く浴びておく。
後で必要になった時に、その情報がどこにあるのかくらいは思い出せるようにしておくと良いかも知れませんね。
また、営業がきついわけではない場合は、他業種に転職するという道があります。
福祉業界は年収が低いです。
これもぼくの話になってしまいますが、ぼくは福祉業界から他業界に転職したことがあります。
年収が2倍になりました。
こういった情報も、取りに行かなければ得られない時代。
下記に登録して面接に行くだけで情報を受け取ることが出来るようになります。
「福祉用具専門相談員の営業の難易度と同じくらい、今と同じく残業も少な目だけど、給料が多い営業職」
そんなリクエストにも応えて頂いた経験がありますよ。
後押ししてくれたのは、同じ福祉用具専門相談員の先輩でした。
「まだ若いのだから、福祉業界以外も経験しといた方が絶対良い!」
この言葉があったからこそ、今はきつい状況を抜け出せているのかなぁと。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
また、きついけれども今の仕事は続けたいという方は、副業をしてみるというのも一つの手です。
今は種類は豊富ですよー。
ネット系のものから、営業と言う本業を活かした副業「営業の副業」のことも共有しています。
ぼくは現在、福祉用具専門相談員ではありませんが、下記のやーつとりあえず全部やった経験があります。
企業に依然せず、じぶんで稼ぐ力。
早いうちから身に着けておいて損はないですねー。
ということで福祉用具営業きつい!!特にきつかったこと3つ【福祉用具専門相談員を目指している方へ】でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です