親のお酒が怖い!親のお酒問題に向き合うためのステップ

親のお酒が怖い!

親のお酒問題に向き合うためのステップを紹介します。

ぼくは、10年以上お酒を飲み続けてきました。

そんなぼくは、3ヶ月の禁酒の成功させたことがあります。

以前、悪酔いしていた頃のぼくは言葉が攻撃的になったり、怖い存在だったと思います。

でも、3ヶ月禁酒をした後の今はお酒との付き合い方が変わっています。

悪酔いをすることもなくなりました。

あくまで一例ですが、体験談からお伝えします。

見出し
1.親のお酒問題に向き合うためのステップ
1.1 親のお酒問題を理解する:原因と兆候
1.2 親との対話の前に知っておくべきこと
2.親のお酒が怖い時どうすればいいのか
2.1 親をサポートする方法
2.2 知識を仕入れる方法
3.3ヶ月禁酒の成功事例
3.1 実際の体験談:10年以上酒カス克服の道のり
3.2 希望と成功への道

【お知らせ】 
 
 
スポンサーリンク
 
 

1.親のお酒問題に向き合うためのステップ

ここでは、親のお酒問題に向き合うためのステップを紹介します。

1.1 親のお酒問題を理解する:原因と兆候

親のお酒問題に向き合う第一歩は、その問題を理解することです。

親がお酒を飲んで怖くなってしまう原因や兆候を知り、その問題の深刻さを理解しましょう。

人生は時に困難です。

そんな時、「お酒に頼る。」「酒ッ!飲まずにいられないッ!」という場面も出てくるものです。

ストレスが大きいと、飲酒量も増えてしまいます。

そして、飲酒量が増えると悪酔い。

悪酔いして攻撃的になったり、人格が変わったりすると「怖い」状態になります。

1.2 親との対話の前に知っておくべきこと

親との対話の前には、知識を身につけておくことが大切です。

「お酒飲むと怖いからやめて。」

とストレートに伝えるのも良いでしょう。

ただし、それに反抗される可能性がある場合。

正しいお酒の知識を知っておきましょう。

お酒は脳内にドーパミンを発生させます。

そして、記憶力が低下してしまいます。

「酒は百薬の長」

というのは、聞いたことがあるかも知れません。

あれは嘘だという研究結果も出ているんですよ。

こういった正しい知識を、身に付けておくことが大切です。

2. 親のお酒が怖い時どうすればいいのか

親のお酒が怖い時はどうすればいいのか

2.1 親をサポートする方法

正しい知識を身に付けると、あなたが親をサポートするという行動ができます。

もしかしたらあなたの親は、お酒に対する正しい知識がないだけなのかも知れません。

そして、あなたの言うことだったら、もしかしたら聞いてくれるかも知れませんよ。

2.2 知識を仕入れる方法

親のお酒が怖い時にはサポートが必要です。

そのためには正しい知識を仕入れる必要があります。

お酒に対するイメージは、テレビCM、ネット広告だと「美味しいもの」「ストレス発散できるもの」「楽しいもの」という甘美なイメージです。

でも、これってただの広告です。

本当に美味しいのか?本当に楽しいのか?というのを実生活で観察しましょう。

お酒は楽しいのであれば、何故あなたの親はお酒を飲んで怖い状態になってしまうのでしょうか。

本屋に行けば、お酒に対する正しい知識についての書籍は売っています。

また、一番いいのは実体験を聞くことです。

身近に禁酒を成功させた人が居れば、そのアドバイスを聞きましょ。

もし、居ない場合にはネットを活用して情報収集をしていきましょう。

3.3ヶ月禁酒の成功事例

冒頭でぼくは、3ヶ月禁酒を成功させたとお伝えしました。

ここで、ぼく個人的な実体験をお伝えします。

3.1 実際の体験談:10年以上酒カス克服の道のり

ぼくは10年以上酒を飲み続けてきました。

お酒での失敗は両手では数えきれないほどしています。

言葉が攻撃的になったり、記憶を無くしたり、深夜に外に出て行ってしまったり。

そんなぼくですが、3ヶ月の禁酒を成功させることが出来ました。

3ヶ月の禁酒の効果は、その後のお酒の付き合い方の変化です。

これまでのように悪酔いすることもなく、上手くお酒と付き合えているのだと思います。

そんなぼくの実体験からのマニュアルは、下記にまとめています。

「10年以上酒カスでもできた!真似するだけで誰でもできる(かも知れない)3ヶ月禁酒の方法」は発売中です。

是非、このページの下部にあるアイコンをタップしてみて下さい。

実体験から余すところなくお伝えしていますよ。

3.2 希望と成功への道

成功事例を通じて、親がお酒を克服する希望の道を見つけましょう。

実際の体験談を通じて、成功への道を示す事例を学ぶことが大切です。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

【お知らせ】 
 
 
スポンサーリンク
 
 
タイトルとURLをコピーしました