不労所得月1万ブログ!27日目で達成しました。

不労所得月1万円でもいいから欲しい。

労働所得しかないので、不労所得も増やしていきたい。

2023年11月現在、ホットな不労所得を得る情報が知りたい。

こんなご要望に、ぼくの実体験からお答えします。

不労所得月1万ブログ!

ぼくは不労所得、27日目で達成しました。

複利運用なので、来月には更に不労所得の額が増えていると思います。

ぼくの実体験から、なぜ今その方法なのか。

更に、誰でも出来る「不労所得月1万円を得る方法」までお伝えします。

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 生活費以上の「円」は無価値なので、投資にまわす

見出し
1.不労所得月1万ブログ!結論、27日目で達成
2.ぼくの不労所得月1万獲得の実体験
3.なぜ今ビットコインレンディングしなのか
3-1.なぜ今ビットコインレンディングしなのか①ビットコインETF承認、半減期、米国大統領選
3-2.なぜ今ビットコインレンディングしなのか②円安、物価の高騰、増税の問題
3-3.なぜ今ビットコインレンディングしなのか③単純に毎日楽しい
4.不労所得月1万を手に入れるためにやること3ステップ
4-1.不労所得月1万を手に入れるためにやること①仮想通貨取引所の口座開設
4-2.不労所得月1万を手に入れるためにやること②仮想通貨を買う
4-3.不労所得月1万を手に入れるためにやること③仮想通貨を貸し出す

スポンサーリンク

1.不労所得月1万ブログ!結論、27日目で達成

不労所得月1万ブログ!

結論、27日目で達成。

ぼくがやった不労所得の方法は、ビットコインのレンディングです。

ビットコインを貸し出して利息を得るという方法なんですねー。

ビットコインって怪しい。

ビットコインは絶対に手を出さない。

貸し出しなんて聞いたことがないので絶対にやりたくない。

こう思われた方は、今すぐこのページを閉じて下さい。

不労所得月1万円を得るには、他の方法があると思います。

その方法を探すのに時間を使いましょ。

ぼくは無理強いはいたしません。

ここから先は、このやり方に興味があるという方だけにご覧頂きたいです。

それでは、ご決断下さい。

このページを閉じるか、このまま読み進めるか、どうしますか?

このまま読み進めて頂いたあなた。

ありがとうございます!

興味はあるけど、半信半疑なのかも知れません。

やってみたいけど、やっぱり不安だと思います。

ご安心下さい。

ここからは、ぼくの不労所得月1万円獲得の実体験をまずお伝えします。

その後、ではなぜ今、この方法なのかということをお伝えします。

2023年11月現在では、この方法がベストだとぼくは思っているので資産運用の重きを置いています。

その理由をご説明します。

ご理解頂いた上で、最後に、不労所得月1万円獲得するために何をすればいいか、その手順を3ステップでお伝えしていきます。

最終的な判断はあなた次第です。

この方法を知って、やるかやらないかはあなた次第。

でも、まだイメージがついていないと思うので、まずはぼくの不労所得月1万円獲得の実体験をお伝えします。

準備ができたところで、不労所得月1万円獲得の度に出かけましょ。

2.ぼくの不労所得月1万獲得の実体験

ぼくの不労所得月1万獲得の実体験は下記です。

使用するサービスは下記2つ。

コインチェック

PBRレンディング

どちらも口座開設、運用は無料です。

取引する時だけ手数料がかかるという仕組みです。

銀行や証券取引所と同じですね。

登録はどちらも10分程度でサクッと完了させることができます。

下記は、ぼくが月1万円の不労所得を得た時のデータです。

約0.29BTCを年利10%の複利運用をして27日間経過しています。

貸借率  10%/年
利息合計 0.001791BTC
貸出数量 0.297274BTC
返還数量 0.299065BTC

1BTC = 5,629,000円の2023年11月13日現在、利息だけで10,081円になりました。

貸し出した利息だけで、「何もせず」10,081円になっているので、これは不労所得と言えますね。

ぼくはこれまで「時給で稼ぐ」「じぶんのスキルで稼ぐ」「じぶんの創作物で稼ぐ」「お客さんを楽しませて稼ぐ」「歩いて稼ぐ」「NFTゲームをやって稼ぐ」「NFTアート販売で稼ぐ」等を体験してきています。

そんな中、「何もしないで稼ぐ」というのは良いですねー。

寝ているだけで稼ぐことができます。

余った時間をじぶんの好きなことに充てられるのは最高です。

ぼくは3回に分けて貸し出しているので、利息も3つに分かれています。

複利運用なので、利息自体も徐々に大きくなっているのがお分かりになるかと思います。

11月 残高
2023/11/13 利息 0.00002119BTC + 0.08118477BTC
2023/11/13 利息 0.00005425BTC + 0.2078106BTC
2023/11/13 利息 0.00000262BTC + 0.01007061BTC
2023/11/12 利息 0.00002119BTC + 0.08116358BTC
2023/11/12 利息 0.00005424BTC + 0.20775635BTC
2023/11/12 利息 0.00000262BTC + 0.01006799BTC
2023/11/11 利息 0.00000262BTC + 0.01006537BTC
2023/11/11 利息 0.00005422BTC + 0.20770211BTC
2023/11/11 利息 0.00002118BTC + 0.08114239BTC
2023/11/10 利息 0.00002117BTC + 0.08112121BTC
2023/11/10 利息 0.00005421BTC + 0.20764789BTC
2023/11/10 利息 0.00000262BTC + 0.01006275BTC

PBRレンディングは、毎日利息を確認することができます。

毎日の楽しみの1つになっていますよ。

そして魅力的なのが、年利10%というところ。

増える速度が速いです。

ぼくはインデックスファンドにドルコスト平均法で積み立ててもいますが、増える速度が遅いんですよ。

リスクは低いのですが、やっぱり遅い。

50歳とか60歳とかのおじいちゃんになった時に1億円あっても、それでは遅すぎます。

そこで、多少のリスクを背負ってビットコイン貸し出しに重きを置いています。

ではなぜぼくが、「今」ビットコイン貸し出しをしているのかを次の項で解説します。

3.なぜ今ビットコインレンディングなのか

なぜ今ビットコインのレンディングなのか。

その理由をお伝えします。

「そんなことより、早く不労所得月1万円を手に入れる方法を教えてくれ!」

という方は、読み飛ばしてください。

次の項に、具体的に不労所得月1万円を手に入れるやり方をお伝えしています。

ぼくが今、ビットコインレンディングをやっている理由は下記3つです。

①ビットコインETF承認、半減期、米国大統領選
②円安、物価の高騰、増税の問題
③単純に毎日楽しい

下記に深堀します。

3-1.なぜ今ビットコインレンディングしなのか①ビットコインETF承認、半減期、米国大統領選

ぼくがビットコインレンディングを現在していて、「今」始めるべきだと思う理由の一つ目は、ビットコイン自体の価格上昇の可能性があるイベントが盛りだくさんだからです。

ビットコインETF承認とは、仮想通貨取引所だけではなく、通常の証券取引所でもビットコインの運用ができるようになることです。

ビットコインETF承認がされると、従来株式での投資家もビットコイン市場に参入して来ます。

ビットコイン市場に多額のマネーが入り込み、ビットコイン市場自体が盛り上がると言われています。

しかしながら、これまでもビットコインETFは申請されていますが、ことごとく否認されて現実になっていません。

今回もビットコインETFは申請中で、その企業の中には世界最大手投資期間ブラックロックが含まれています。

ブラックロックのこれまでのETF承認率は99%。

今度こそビットコインETF承認されるのでは?

という期待感から2023年10月後半から、ビットコインの価格は上がっています。

ビットコインETF承認は2024年1月初めという予測が多いです。

ただでさえビットコインETF承認の期待で、ここまで価格が上がっています。

ビットコインETF承認されたら、価格はこれまで以上になるというのはぼくの予想です。

2つ目は半減期が近づいているということ。

2024年が半減期です。

2024年の春頃が半減期と言われています。

半減期はビットコインのマイニング報酬が半額になり、ビットコインの発行に制限がかかります。

需要はどんどん大きくなるのに、供給が少なくなります。

結果的に、価値が高くなるというイメージです。

半減期は4年に1度来ますが、過去の半減期を見ると規則性があります。

それは、半減期の翌年に最高値を更新するということ。

すなわち、過去のデータから読み解くと、2025年に最高値を更新する予定ということです。

これも、ビットコインがこれから価値が高まるであろう根拠です。

注意すべきは、2025年の最高値を更新した後は価格が急降下する傾向があるということ。

誰でも、一番高い時に売っておきたいですからね。

そして、価格が急降下した後で、もう一度買い戻して次の半減期を待つというのが、ぼくのなんとなーくの計画です。

3つ目は米国大統領選です。

米国大統領選には、ビットコインに有利な案を持っている政治家も出馬します。

世界的に注目が集まる米国大統領選に、ビットコインというキーワードが出ることによって、広く知れ渡ります。

更に、もしその政治家が当選すれば、当然、ビットコイン保有者に有利な法律も作られるでしょう。

共和党が当選すれば、今まで渋かったSECが再編されるので、ビットコインの待遇も良くなっているはず。

ビットコインを買いたいという人が結構増えるというのがぼくの予測です。

その後に、ビットコインを慌てて買っても時はすでに遅し。

もう価格が上がっちゃっているから。

価格がまだ上がっていない今のうちにビットコインを持っておく、増やしておくというのがぼくの予定です。

これからビットコインには、ビットコインETF承認、半減期、米国大統領選という3大イベントがあります。

価格が高騰するその前に、ビットコインを増やしておきたい。

そんな気持ちでぼくは、ビットコインレンディングをしています。

実際に不労所得月1万円を手に入れましたし、複利運用なので、不労所得の額も雪だるま式に増えていく予定だと思います。

3-2.なぜ今ビットコインレンディングしなのか②円安、物価の高騰、増税の問題

ここからは、日本円の残念な状況です。

円安で、身の回りの海外製の商品は多く円を用意しないと買えません。

円の価値がどんどん下がっています。

一説では、円よりも低い価値の法定通貨って3つくらいしかないみたいです。

iPhone15を買うのに20万円が必要になります。

Macだって、数年前に比べると日本円で買おうとすると価格が上がってます。

円安や原材料高騰の影響で、物の値段も高騰しています。

うまい棒は10円じゃあありません、12円です。

チョコモナカジャンボは110円じゃあありません、173円です。

増税の問題もあります。

所得税は上がり、インボイス制度という名の増税も施行され、ふるさと納税も改悪し実質的に増税、消費税の増税の不安もありますね。

ご存じのように、今の首相は増税眼鏡と揶揄されています。

円を持っているだけでは、その価値は下がっていき、更に税金という形で持っていかれてしまう。

銀行に円を預けているままでは、年利は低いまま。

だからこそ、じぶんの資産はじぶんで守ることが必要です。

その一つの手段として、ビットコインレンディングもありだとぼくは思います。

勿論、インデックスファンドよりはリスクが高い。

ただ、何もしないで指をくわえてじぶんの資産が減っていくのを眺めているだけよりも、幾分マシです。

3-3.なぜ今ビットコインレンディングしなのか③単純に毎日楽しい

ビットコインレンディングは、単純に毎日楽しいということもあります。

タイミング的に、ビットコインの価格は、日々上がり続けています。

また、年利10%で複利で増えて行っているのを毎日見るのは、やっぱり楽しいですよ。

複利運用の変わらない事実として「早く始めた方が、その分だけ恩恵を受けられる。」というのがあります。

時間を味方につけて、長く運用をした方が大きく増えます。

あなたも是非、お金のために働くだけの毎日から、お金にも働いてもらう毎日を体験して頂きたいです。

楽しいですよー。

4.不労所得月1万を手に入れるためにやること3ステップ

ビットコインレンディングを始めるには、他ならぬ「今」ということをお分かり頂けたと思います。

ぼくは27日目で不労所得月1万円を達成しました。

0.29BTCを年利10%の利息で複利運用しています。

1BTC = 5,629,000円の2023年11月13日現在、利息だけで10,081円になったという結果です。

さて、これから不労所得月1万円生活を始めていきましょ。

4-1.不労所得月1万を手に入れるためにやること①仮想通貨取引所の口座開設

まずは、仮想通貨取引所の口座開設です。

仮想通貨取引所の口座開設は、誰でも無料でできます。

コインチェック

上記公式サイトからサクッと登録です。

仮想通貨取引所の口座開設だけであれば、無料です。

ビットコインを買ったりする時に初めて手数料がかかります。

ぼくは現在4つの仮想通貨取引所の口座を持っていますが、初心者にはコインチェックをお勧めしています。

理由は分かりやすさ。

そして、ぼく自身も初めての仮想通貨取引所の口座開設は、コインチェックだったからです。

数年前の知識が全くなかったぼくでも、コインチェックでビットコインを買うことができた。

更に、そのビットコインをVALUというサービスで活用することまでできました。

外国の口座も持っていますが、やっぱり英語だと使い辛い。

日本にある、初心者に優しい仮想通貨取引所といったら、コインチェックですね。

上記の公式サイトも分かりやすく、登録まで完了できると思います。

もし、手順をあらかじめ知っておきたいという方は、下記をご覧下さい。

コインチェックの口座開設の方法を簡単に解説ッ!

そして、レンディングのために必要なレンディングサービスにも続けて登録しちゃいましょ。

PBRレンディング

こちらも、上記公式サイトからサクッと登録です。

コインチェック同様、口座開設、運用は無料です。

ビットコインを買ったりする時に、初めて手数料が発生します。

4-2.不労所得月1万を手に入れるためにやること②仮想通貨を買う

仮想通貨取引所の口座開設、レンディングサービスの口座開設をしたら、次に仮想通貨を買います。

不労所得月1万円生活には、仮想通貨を買うための元手が必要になります。

2023年11月13日現在のレートで、1BTC = 5,629,000円の今の場合、約163万円が必要になるんですねー。

でもこれはビットコインの価値が変わらないという前提です。

もし、このままビットコイン自体の価格が上がり続けたら、約150万円でいけるかも知れませんし、約130万円、もしかしたら約100万円でも行けちゃうかも知れません。

逆に、200万円とか、300万円とか用意しなきゃいけない場面も出てくるかと。

ここがビットコインの面白いところですね。

そのもの自体の価値の変動が激しい。

ですから、まずは少額でやってみるということがおすすめです。

ぼくも最初は0.01BTC、当時40,000円位から始めました。

安心したので3日後くらいには0.2BTCをレンディング開始、その後0.08BTCを慌ててレンディング開始したのでした。

ぼくがやっているレンディングの最低貸出数量は、0.01BTCなんですよ。

現在であれば、56,290円必要になります。

既に、約163万円程の金融資産を持っている方は、サクッとビットコインを買ってレンディングです。

今のタイミングであればぼくがかかった27日よりも早く、不労所得月1万円を手に入れることが出来ると思います。

約320万円程あれば、不労所得月2万円も狙えるかと。

もし、約163万円、約320万円の金融資産を持っていない方は、最低貸出数量から始めましょ。

そして、もし56,290円も捻出できない、そんな余裕はないという方は、収入を増やすか節約をするかどちらかで、元手を手元に残すことです。

元手を手元に残すことの、収入を上げる方法として一番堅実なのは転職でしょう。

ぼくは5回の転職をしていますが、その度に環境の変化、年収の変化を体験しています。

面白かったのは、ぼくという人や、やっていることはさほど変わらないのに、年収が2倍になったこと。

転職には可能性があります。

ぼくなりの転職マニュアルを下記に置いておきますね。

転職21ステップ

お金を手元に残す節約の方法で、ぼくが体験した中で効果的だったのは禁酒です。

一月50,000円程手元に残りましたよ。

2ヶ月禁酒したら、それはもう不労所得のための、立派な軍資金になりますね。

ぼくの体験談を下記に置いておきます。

禁酒3ヶ月体験談!時系列でお伝え

また、実体験からの禁酒マニュアルは下記です。

10年以上酒カスでもできた!3ヶ月禁酒の方法

不労所得を得る手段は様々ありますが、この方法では、金融資産が必要になります。

最低約60,000~100,000円程の金融資産を準備出来たら、次です。

レンディングはできませんが、ビットコイン自体は1,000円から買うことが出来るんですよ。

金融資産を貯めるのが難しいという方は、まず1,000円でもいいのでビットコインを買うことをおすすめします。

価格の変動が激しいので、これまた革新的な体験ができます。

いきなり1,000円が1,200円になったり、または700円とか800円とかになるというのを目撃することができます。

約163万円を貯めえるのに時間がかかりそうな場合には、その半分、その1/4、もしくは60,000円程度でも「不労所得を1円でも手に入れる」という体験に使ってみるのも手です。

約80万円あれば、不労所得月5,000円ですよ。

5,000円もあれば、飲み会一回分にはなりますね。

4-3.不労所得月1万を手に入れるためにやること③仮想通貨を貸し出す

ビットコインを買った後は、あらかじめ登録済のレンディングサービスへビットコインを貸し出しましょ。

PBRレンディング

PBRレンディングへの登録はまだの方は、上記公式サイトからサクッと登録です。

PBRレンディングの良いところは、何といっても年利10%というところ。

条件次第では年利12%も可能なんですよ。

年利高すぎて怪しい。

PBRレンディングって聞いたことないけど大丈夫なのか。

こういった疑問、実はぼくもありました。

だから、調べてみたことがあります。

PBRレンディング怪しい?メリットデメリットの考察

更に、運営してる企業も調べてみたんですよ。

Notting Hill TOKYO評判がないからやってみた

結論、何ら怪しくない。

むしろ、信頼できる会社とサービスだと思っています。

だからこそ、こうして不労所得月1万円を得る方法として紹介しているんですよ。

ぼくの実践ブログは下記にまとめています。

とにかく、毎日利息の確認ができるのは楽しいし、安心感がありますよ。

PBRレンディングやってみたブログまとめ

ぼくは、不労所得月1万円を27日で手に入れました。

その方法をもう一度お伝えしますね。

誰でもマネできる簡単3ステップのみです。

不労所得月1万を手に入れるためにやること

①仮想通貨取引所の口座開設
②仮想通貨を買う
③仮想通貨を貸し出す

たったこれだけで、不労所得月1万円を手に入れることが出来ます。

使うサービスは下記2つのみ。

コインチェック

PBRレンディング

やり方は下記2つのブログを読んで頂けるとお分かりになると思います。

コインチェックで口座開設する方法を簡単に解説ッ!

コインチェックからPBRレンディングを始める方法

注意点としては、タイミングが大切だということ。

現在2023年11月ですが、今のタイミングであればまだリスクは少ないかと思います。

これが2024年、2025年、2026年であれば、やめた方がいいというタイミングが増えるかと。

この方法は、必ずしも儲けられるという保証をしているわけではありません。

最終的な判断は、あなた次第です。

ビットコインは今後も話題に上がってくるでしょうし、ますます普及するというのがぼくの未来予測です。

不労所得月1万円を手に入れるという目的以外でも、「ビットコインを触ってみる」という体験は革新的ですよ。

このページを閉じたら、まずはコインチェックのへ登録、そしてPBRレンディングのへ登録をしてみてはいかがでしょうか。

コインチェック

PBRレンディング

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました