株式会社Notting Hill Tokyo評判ない!23日やってみた感想

株式会社Notting Hill Tokyoのサービスが気になっている。

イベント企画会社のNotting Hill Tokyoは怪しくないか調べている最中だ。

株式会社Notting Hill Tokyoってどうなの?

こんな疑問にお答えします。

ぼくも、株式会社Notting Hill Tokyoが気になって色々調べてみたのですが、なかなか評判ない!

だから、23日やってみて確かめてみましたよ。

実体験からお伝えします。

結論、株式会社Notting Hill Tokyoのサービスは素晴らしいッ!

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 現在日本円で150万程の仮想通貨所持
・2023年 PBRレンディング、ビットレンディングで運用

見出し
1.株式会社Notting Hill Tokyo評判ない!その理由
1-1.そもそも知られていない
1-2.そもそも利用者が少ない
2.株式会社Notting Hill Tokyo評判ないから23日間やってみた感想
3.株式会社Notting Hill Tokyoのサービス活用記録

スポンサーリンク

1.株式会社Notting Hill Tokyo評判ない!その理由

株式会社Notting Hill Tokyo評判ない!

その理由を考えてみました。

1.そもそも知られていない
2.そもそも利用者が少ない

下記に深堀します。

1-1.そもそも知られていない

株式会社Notting Hill Tokyoはそもそも知られていないと思います。

評判がないのというのは、そもそも知られていないから。

話題にも上がらないのかと。

ぼくは先端技術に興味があり、ブロックチェーン、Web3、メタバース、NFTに興味があって、日頃から情報収集をしています。

その結果、株式会社Notting Hill Tokyoを知ることができました。

1-2.そもそも利用者が少ない

株式会社Notting Hill Tokyoは、ファイナンシャルプランナーが運営するイベント企画会社です。

そもそも利用者が少ないのも、評判がない理由かと。

ただし、これはチャンスでもあると思うんですよ。

これについては、次の項に続きます。

2.株式会社Notting Hill Tokyo評判ないから23日間やってみた感想

株式会社Notting Hill Tokyo評判ないから23日間やってみた感想!

結論、株式会社Notting Hill Tokyoのサービスは素晴らしいッ!

株式会社Notting Hill Tokyoは様々な分野のサービスを展開しています。

ぼくが23日間やってみたのは下記のサービスです。

PBRレンディング

PBRレンディングは、ビットコインのレンディングサービスです。

ビットコインを第三者に貸し出して、その代わりに利息をもらえるというサービス。

借りている第三者については分かりませんが、ぼくは下記のように想像しています。

世の中にはビットコインを借りて、ガチトレードして儲けるという人も居ると予想。

借金をしてもそれ以上の利益が見込めるから、その人はどんどん資産を増やしていく。

そんな世界戦です。

一寸今のぼくには参入できそうにない世界戦なので、「ビットコインを貸す」というポジションに居ます。

すごいのは年利の高さなんですよ。

年利10%!

今時ありえないと思うかも知れません。

ただ、23日間やって、毎日利息の確認をしているぼくだから言えます。

年利10%、これは可能だと。

おそらくビットコインのトレーダーにしてみれば、年利10%なんてたかが知れている額なんだと思います。

でも「常に気を張って神経を使いながらトレードをして1,000万円」よりも「何もしなくて10万円」の方がいいと思うんですよね。

23日間やってみて、約7,800円分増えました。

焼肉1回分です。

何もしなくても焼肉1回分になっています。

年利10%はすごいですよ。

ただし、これもまだPBRレンディングが知られていないから、利用者が少ないからに他ならないと思います。

PBRレンディングが何かの拍子で有名になってしまったら、今の年利も引き下げられる可能性があります。

企業としても、「これまでは利益をユーザーに最大限還元出来ていたけど、ユーザー増えすぎちゃって還元できる利益を細分化する必要がある。」

みたいになって、年利9%、年利8%とかに引き下げられるというイメージです。

2023年11月9日現在は、まだ年利10%で運用可能なんですよ。

ピンときたあなたは是非、下記公式サイトから登録です。

PBRレンディング

登録、運用は無料ですよー。

銀行や証券取引所と一緒ですね。

3.株式会社Notting Hill Tokyoのサービス活用記録

株式会社Notting Hill Tokyoのサービス活用記録

ぼく個人的なPBRレンディングの運用記録をここに載せておきます。

貸借率  10%/年
貸出数量 0.297274BTC
利息合計 0.001479BTC
返還数量 0.298753BTC

11月
残高
2023/11/09 利息 0.00002117BTC + 0.08110004BTC
2023/11/09 利息 0.00005419BTC + 0.20759368BTC
2023/11/09 利息 0.00000262BTC + 0.01006013BTC
2023/11/08 利息 0.00002116BTC + 0.08107887BTC
2023/11/08 利息 0.00005418BTC + 0.20753949BTC
2023/11/08 利息 0.00000262BTC + 0.01005751BTC
2023/11/07 利息 0.00000262BTC + 0.01005489BTC
2023/11/07 利息 0.00005417BTC + 0.20748531BTC
2023/11/07 利息 0.00002116BTC + 0.08105771BTC

利息だけで0.001479BTC増えました。

1BTC=530万円の場合、7,800円ですね。

何もしなくても、7,800円。

焼肉1回分になったのでした。

ぼくは、ビットコインは今後世の中に普及していくと思いますし、今のうちに増やしておくというのも有効だと思っているので、PBRレンディングを活用し続けるつもりです。

4回目の入金も考えていますよ。

ビットコインそれ自体の価格も、ビットコインETFの影響を受けて上がり始めています。

ちょっと前まで380万円だったのに、今は530万円ですからね。

更に、2024年の半減期、米国大統領選と、ビットコインの価値が高騰するイベントが盛りだくさんです。

お金が余っているのであれば、円で持っておくのはリスクです。

円安、物価の高騰、増税、2025年問題がある今、ビットコインの運用も選択肢としてはありだと思うんですよ。

ぼくも23日間やっているサービスをもう一度ご紹介します。

PBRレンディング

上記からサクッと登録可能ですよー。

株式会社Notting Hill Tokyo評判ないですが、23日やってみた感想としては、PBRレンディングは素晴らしい!です。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました