ヤマザキマリ国境のない生き方読んで共感!感動!感想文をば

ヤマザキマリ国境のない生き方読んで共感!

感動ッ!

感想文をば!

まるで、飲み屋で酔っ払って、人生の大先輩の話を聞いているかのような体験が出来る良著ッ!!

見出し
1. ヤマザキマリ国境のない生き方読んで共感!感動!感想文をば
2. ヤマザキマリ国境のない生き方読んで、更に読みたいと思った書籍

スポンサーリンク

1. ヤマザキマリ国境のない生き方読んで共感!感動!感想文をば

1新しいビットマップ イメージ.jpg

🍀「地球サイズで見れば悩みなんてハナクソ。」(帯のコピーより)

♦ヤマザキマリさん(@THERMARI1)の「国境のない生き方」という書籍、思わず手に取りましたよ。

♣好きな場所に出禁なってしまった昨日のことです。

📗出禁の悩みなんてハナクソや!

#漫画好き
#漫画
#漫画好きな人と繋がりたい

https://t.co/JxodgKtK4y

ヤマザキマリさんの「国境のない生き方」読んで共感が多かった!

更に感動しましたよ!!

学びも多い。

下記に感想文をば!!

  ※「」の中は、書籍からの引用です。

「人間は動く生き物なんだから、移動するのが当たり前。」

ほんそれ!

ホモサピエンスの時から、人は移動する民族。

小麦、穀物によって定住生活を強いられているという一説もあります。

(書籍「サピエンス全史」より)

でも本来、人は移動する動物や!!

「感動は、情熱のガソリンですから。」

それofそれ!

感動は心のエネルギー。

感動があるからこそ、今度はじぶんが感動させてあげられるようにする。

そんな好循環があれば世界は平和のままなんだけどなぁ。

「まだまだ動きますよ。どこまでも!」

宜しくお願い申し上げます!

ヤマザキパイセン!!

新しいビットマップ イメージ.jpg

「閉鎖感を感じたら、とりあえず移動してみる。自分が何に囚われていたのかに気づくことが出来る。」

ぼくにとっては「地元の小学校」というごく小さなコミュニティが思い当たります。

小学校卒業したら、ぼくは自由になりましたよ。

「生きられる人生の範囲は、区切られたプールじゃない。もっと広くて、もっと雄大な大海原です。」

それofそれ!

小学校の頃のぼくは閉鎖的で一歩も動けずにいた。

狭い部屋がこの世の全てだと。

でも今のぼくは知っています。

世界は知らないことの方が多いッ!

まだ見ぬ世界にわくわく!!

「見てごらん、世界はこんなにも美しい。生きるのは喜びであり、情熱である。」

上記は、子どもの頃に母親と一緒に旅をしていたエピソードとともに語られます。

生きることが楽しいことと、身を持って教えてくれた母親のエピソード。

ディ・モールト ベネッ!!

最&高!!

「他人の目なんて気にしなくてもいい。他人の目に映る自分は、自分ではないのだから。と母親に言われ続けていた。」

ここも、素晴らしいッ!

現代、先取りなやいかーいッ!!

泣きました。w

くは反対に人と同じようにしなさいと言われ、出来なかったから。

人と同じようになる必要なんかない!

それは日本という小さな島国の都合を押し付けられているだけ!

「自分用の孤独や悲しみのトリセツを持っていると、しのぎやすくなる。」

これも共感ッ!

ぼくにとっては、散歩とふて寝かと。

「スティーブ・ジョブズは、こんなかわいそうな俺は、俺を慰めるという技を生み出した。」

これは知らなかったーッ!!

グーグル創始者に「やらないことを決める。それが経営だ。」とアドバイスしたこと位しか知りませんでしたよ。

下記に詳細書いてます。

スティーブ・ジョブズは孤独で悲しみの時、思い切り泣いて忘れるという術を使ったとのこと。

にゃるほど!

なんか、ジョジョの奇妙な冒険のエシディシを思い出してしまいましたよ。

「あァァん まーりだァァァァァアッ!
「うえーん!!
「・・・

「スッキリ

!w
(ジョジョの奇妙な冒険第二部で、荒木さんの圧倒的な画力で読むことが出来ます)

とにかく、この本には共感しまくりでした。

出会えたことに感謝!!

ちな、文中に出てくるぼくが大好きな「サピエンス全史」「ジョジョの奇妙な冒険」については、下記にまとめてますので何卒ッ!

2. ヤマザキマリ国境のない生き方読んで、更に読みたいと思った書籍

ヤマザキマリ「国境のない生き方」を読んで、ぼくはひどく共感いたしました。
更に読みたいと思った書籍は下記です。
書籍の中で紹介されている本ですが、ぼくは読んだことが無いので。

「ニルスのふしぎな旅」

「暮らしの手帖」

ニルスのふしぎな旅はアニメ化されていますねー。
書籍はあるのだろうかとさがし中です。
あと、暮らしの手帖は雑誌のよう。
近所の書店で立ち読みしようかな。

実は、本文冒頭の、この本と出会ったタイミング、

「好きな場所に出禁なってしまった昨日のことです。」

はTwitterのことでした。

Twitterさんに間違えられて凍結されてしまったんですよ!

逆に、だから本に没頭できた!!

そんな本との出会いのタイミングも、ベネッ!でしたよ。

またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です