「ピカソ」女性に対する活力すげー!富を得る才能すげー!

「ピカソ」
女性に対する活力すげー!
富を得る才能すげー!
見出し
1.ピカソは女性に対する活力ハンパない!
2.ピカソは富を得る才能もあった!
スポンサーリンク

1.ピカソは女性に対する活力ハンパない!

🍀「ピカソ」瀬木慎一著 読みました。下記に感想。
♦女性に対する活力すげー!
♦ピカソと女性は切っても切り離せない。
♦「きみの肖像画を描いてみたいな。」というセリフッ!
♦女性の顔の変化は公私混同。
♣意外だったのは、ピカソがゴッホをリスペクトしていたこと。
上記書籍を読みました。
この書籍から知ったことは下記です。
ピカソ、女性に対する活力すごすぎッ!
生涯で7人もの女性と恋愛、結婚したり子づくりしたり。
同時進行の時もッ!w
ピカソと女性は切っても切り離せないんだなーと。
画家として有名な彼は、女性によってインスピレーションを受けていたことがうかがえます。
印象的なのは「わたしは超有名画家のゴッホだ。きみの肖像画を描いてみたいな。」というセリフッ!
公私混同ッ!
有名俳優の反町隆史さんと対照的ッ!
反町隆史さんは困っている見知らぬ女性を助けたけれど、「ぼくは反町隆史だ。」と名乗らずに去ったと言います。
反町隆史さんはTwitterの生みの親なので、ぼくは大好きなんですけどね。
(言いたいことも言えないこんな世の中じゃ POISON)
話がそれました。。。
じぶんの社会的地位までも利用し女性に近づくッ!
すげーよ ピカソ殿ッ!
ピカソは、女性を描いた作品を多数残しています。
その都度顔が変わるのは、モデルの女性が違うから。
意外だったのは、ピカソがゴッホをリスペクトしていたことですね。
ゴッホといえば、ピカソとは対照的に無名で地味な生活だったらしいので。

2.ピカソは富を得る才能もあった!

別の書籍からの学び、ピカソは富を得る才能もあった
・絵ではなく、物語に価値があると分かっていた
・競争原理で価値が高騰することを分かっていた
・高級ワインのデザイン料をワインでもらうことでじぶんが得すると分かっていた
・じぶんのサインの価値を分かっていた

ディ・モールトGenius !!

上記に集約しましたが、現代にも通じるビジネスの概念がうかがえますねー。
特に物語に価値があるということを分かっていたこと。
これは、アップルのスティーブ・ジョブスしかり、げんこつハンバーグさわやかの社長しかりですねー。
作品を作ったら、まず画商を呼び集めて作品が出来上がるまでのストーリーを語ったそうです。
それも1時間ほど。
その後、満を持して作った作品を見せる。
一寸前のマスメディアにあった「情報解禁」というのに似ている。
期待感が高まるので、それだけ価値があるように思える。
ただ作品を作るだけで終わりではないと理解いたんですねー。
現代も、クリエイターは営業もできないと生き残っていけない時代。
ピカソ的思考と行動は参考になると思いますよー。
ビジネス的な展開に関しては、ぼくは下記の本で知りました。

ということで、でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です