退職の切り出し方!言い方と理由のサンプル

退職の切り出し方!
言い方と理由のサンプルです。
ぼくは実際に、自己都合で退職を何度か経験したことがあります。
体験から得た知恵を、共有しますね。
見出し
1.退職の切り出し方と言い方
2.退職の理由のサンプル
スポンサーリンク

1.退職の切り出し方と言い方

退職の切り出し方は、直属の上司と二人きりの時に、申し訳なさそうな雰囲気を出して「実は」と切り出すことです。
退職に関しては、上司もそこまで耐性がない方も居ますので、こちらが気を使って二人きりの時に切り出すようにします。
そして、退職を伝える時の言い方。
言い方は、申し訳なさそうな雰囲気を出します。
自己都合ですから、これは当たり前ですよね。
企業にとっては貴重な労働力、上司からも「まさか!」と思われても仕方ありません。
ここは、申し訳無いという言葉も添えて伝えます。
退職をするという意思は固まっていると思いますので、申し訳なさそうな雰囲気を出しつつも、引き留められない堂々とした態度を取ります。
また、これも言い方のポイントではありますが、退職しても上司との関係は続けたいという態度も必要です。
退職はそこまで大事ではなく、只会社を辞めるだけのこと。
会社で培った人間関係を継続させるのも、断ち切るのも別の次元の話題です。

2.退職の理由のサンプル

退職を切り出された上司は「なぜ?」と聞いてきます。
これも、当たり前の話です。
退職を切り出す際には、必ず理由も考えておきましょう。
この会社で働くのが嫌だから。
職場の人間関係に嫌気がさしたから。
上記はすごく正直な理由です。
でも、退職を切り出された側はいい気分にはなりません。
気の利いた退職の理由のサンプルは下記です。
・自身のステップアップのため転職をする
・仕事は楽しいが報酬が少なく条件が合わないので転職をする
・家庭の都合でやむを得ず
上記3つが気の利いた退職の理由です。
ぼくは上の二つは退職の理由として実際に使ったことがあります。
自分の意思をきちんと持って話すことが出来れば、変に引き留められたり嫌がらせを受けるようなことはありません。
もし、どうしても退職が切り出せないという方は、「退職代行」というサービスに依頼するのも良いかもしれません。
相場は実費で五万円前後のようです。
下記に退職代行のサービスをまとめました。
どうしても退職を自分で切り出せないという方は、是非参考にしてみてください。
ということで、退職の切り出し方!言い方と理由のサンプルでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です