退職までの最短期間は2週間です。規約は1ヶ月、2ヶ月のところもあり!!

退職までの最短期間は2週間です。
日本の法律では2週間で退職出来ることになっています。
ただ、企業によって就業規則は1ヶ月、2ヶ月のところもあるので注意ですねー。
共有します。
見出し
1.退職までの最短期間は2週間
2.就業規則を必ず見ることッ!
スポンサーリンク

1.退職までの最短期間は2週間

退職までの最短期間は2週間です。
日本の法律ではそう決まっています。
企業にやってもらう退職の手続き自体も、実際には2週間で終わるようです。

2.就業規則を必ず見ることッ!

おおよその企業は、就業規則に退職の項があります。
何日前までに退職を申し出なければならないとかのやつですね。
これについては、1ヶ月前までというのが多いですね。
ただし、2ヶ月前までという企業もあるので注意をしましょう。
ぼくは何回か退職を経験しています。
就業規則では1ヶ月前までに申告しなければならないと書かれていましたので、退職は1ヶ月後かと思っていました。
でも、出来る限り早く辞めたい。
相談をすると、聞いてくれて3週間後には辞めることが出来ました。
前述もしましたが、退職の手続き自体も2週間もあれば終わるみたいです。
就業規則に書いてあっても、退職を切り出してから出来るだけ早く辞めたい場合。
そんな時は交渉をすることも大切です。
もし退職をなかなか切り出せない職場にいらっしゃる場合、下記のような退職代行サービスの利用をおすすめします。
仕事は人生の一部にすぎません。
嫌な仕事をズルズル続けているのは生産性がありません。
嫌なこと、不得意なことは人に任せる。
もし退職を切り出せない場合は退職代行という手段もありますので参考に。
ということで、退職までの最短期間は2週間です。規約は1ヶ月、2ヶ月のところもあり!!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。