営業、給料下がる、脅された体験談!あれはパワハラ!!対処法方。

営業、給料下がる、脅された体験談!
あれはパワハラ!!
今思えばあれは、パワハラでしたよ。
ぼくがした対処法も合わせて記載します。
共有しますね。
見出し
1.営業、給料下がる!パワハラ!
2.当時はパワハラと感じてなかったけど、今思えばパワハラやん!
スポンサーリンク

1.営業、給料下がる!パワハラ!

「おい営業、給料下がるぞ!」
ぼくはこう言われた体験があります。
営業は会社に利益を生み出すのが仕事です。
しかしながら、なかなか結果が出ない時もあります。
タイミングとか、客先都合とか、ノルマが高すぎるとか、売れない商品とか。
営業はいかに売れない商品を売るかというのも、仕事の1つです。
そして、これが楽しかったりするんですねー。
営業として、ぼくは確かに一時期の数字は未達でしたよ。
でも、未来の数字のために、色々策を練っていました。
売れない商品をどう売っていくか。
そんな折に、「おい営業、給料下がるぞ!」
そんな言葉を投げ掛けられました。
給料下がるのはヤバい!
おい、まじか!
と。
ぼくのモチベーションは一気に下がってしまいました。
営業という仕事は楽しいです。
でも、仕事は給料のためにするという側面もあります。
最低限の生活が保証されていなければ、仕事を楽しめませんし、それにより結果も出せません。
今思えば、あの言葉はパワハラだったのかと。
人を管理するのは難しいです。
人は一人一人違うので、思い通りに動かそうと思っても無理です。
そういった根本的なことが分からずイライラして、つい出てしまった言葉というのも分かります。
けど、結果的にはぼくはやる気をなくしてしまいました。

2.当時はパワハラと感じてなかったけど、今思えばパワハラやん!

当時はパワハラと感じてなかったけど、今思えばパワハラやん!
時間がたって、あの時のことを思い出したらそんな結論に達しました。
当時は、人を管理するのは難しいのでイライラしてしまっているんだな。
数字で結果を出せていないのだから、言われて当然だな。
こんな風に。
合う合わないというのもあります。
直接的な理由はパワハラではありませんでした。
ぼくが取った行動は、転職をすること。
環境を変えたわけです。
そして、給料が下がることがない(と、思われる)社風の会社へ。
そして、ぼくのような性格の人が働きやすい(と、思われる)社風の会社へ。
今現在、パワハラで悩まれている方は、是非転職を!
ぼくは下記のサービスも利用していました。
上記のサービスは完全無料で活用出来ます。
初回に転職エージェントの方と面談する機会があります。
これがすごく有益ッ!
求人情報には乗っていない条件も教えてもらえますし、キャリアからおすすめの求人も紹介してもらうことが出来ます。
万が一、退職を切り出すことが出来ない方は、下記のサービスを利用してみてください。
退職を切り出すのを代行してくれます。
仕事は本来、楽しむものです。
パワハラで仕事を楽しめないのであれば、行動を!
ということで、営業、給料下がる、脅された体験談!あれはパワハラ!!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。