ブラジルにはエタノールとガソリンの混合燃料車が走っているので、ガソリン車は1台もない。

ブラジルにはサトウキビから作ったエタノールと、ガソリンの混合燃料車が走っています。
ですので、ガソリン車は1台もない。
高城剛著「2035年の世界」からの学びを共有します。
見出し
1.ブラジルにはガソリン車は1台も走っていない
2.「2035年の世界」面白すぎ!
スポンサーリンク

1.ブラジルにはガソリン車は1台も走っていない

「🍀知らなかった!マジで?!
♦「ブラジルにはガソリン車が一台も走ってないことをご存じだろうか。」(本文より)
♣「2035年の世界」高城剛さんの著書です。
🍜ぼくは日本を1歩も出たことがないので、目から鱗のことばかり。
📕後で感想を共有しますねー。
🐼すげーおもろい!!」
本からの学びは大変面白いです。
やはり、自分が興味のある分野ならなおさら。
ネットで色々調べるのもいいですが、書籍をじっくり読むというのもいいですよ。
見地が広がる気がします。

2.「2035年の世界」面白すぎ!

この「ブラジルにはエタノールとガソリンの混合燃料車が走っているので、ガソリン車は1台もない。」という学びは、「2035年の世界」で得ることが出来ます。
面白すぎです。
あらゆる分野からの切り口で未来予測を読むことが出来ます。
未来や世界に興味のある方にはおすすめの書籍です。

ということで、ブラジルにはエタノールとガソリンの混合燃料車が走っているので、ガソリン車は1台もない。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です