すぐれた本はその人のその分野でのハイライトを切り取って教えてくれるので効率がいいという話。

決まった分野の本を数十冊まとめて読む。

いつ頃書かれたか、著者が男か女か、年齢とか関係なく共通していることが見つかる。

それを自分なりに考えて、自分や現代に置き換えて考える。

ネットもいいけど、書籍からの学びも多いな。

デカルトさんも言ってたらしーけど、すぐれた本はその人のその分野でのハイライトを切り取って教えてくれるので効率がいいという話。

本を読める目と脳、心に感謝。

今興味があるのは、最新の技術、そしてそもそも人とは?というところ。

新しいものはどんどん出てきて、AIが人間を越えるなんて話も出て来てる。

でも、そもそも人間でさえ解明されてないのに、それを越えるものは作れるのか?っていう疑問が湧いてくる。

人や歴史を理解することで、未来を予測するという切り口でも思考は進む。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です