人前で話すのが苦手だったぼくが克服するためにした方法〜小さなコツ3つ〜

人前で話すのが苦手だったぼくが、克服するためにした方法を共有します。

営業マンとして今まで数々のプレゼンを経験してきましたが、その実体験に基づく一寸した小さなコツです。

見出し
1.今なら人前で話すのが苦手だったと言える
2.苦手だからこそ事前準備
3.苦手だからこそ教えてもらう
4.苦手だからこそ当日は堂々と
5.人が話す内容はそこまで細かく聞いてない

スポンサーリンク

1.今なら人前で話すのが苦手だったと言える

ぼくはもともと人前で話すのが苦手でした。

人前に立った時に、緊張のあまり頭が真っ白になってしまった経験があります。

これは小学校、中学校の時の苦い思い出です。

大人になった今は人前でも話すことが出来るようになりました。

ぼくはもともと無口で喋りも上手くないので、人前で話すのが得意とまでは言えません。

ですので、話すのが苦手というのを克服したとは言い切れません。

でも、以前のようにすごく苦手で憂鬱になる。

逃げ出したくなるということはなくなりました。

一寸した小さなコツを実践してきたから、そこまで苦手ではなくなったのだと思います。

2.苦手だからこそ事前準備

人前で話すのが苦手だからこそ、事前準備と練習はしっかりやっていました。

苦手なものでも、事前に入念に準備をしておけば案外出来るものです。

ぼくの経験上、緊張する原因は

「どうなるか分からない」
「自信がない」

この2つから来ることが多いのではないかとぼくは思います。

ですので、

「だいたいこんなもんになるはず」
「準備したから大丈夫」

と思えるようになれば、準備完了です。

さらに、人前で話す場面を想定して実際にリハーサルを重ねるというのも大切だとぼくは思います。

出来れば、本番当日の場所で、本番当日の声の大きさ、身ぶりで。

更にに聞いてくれる人をイメージしながらだと、もっと本番に近くなりますね。

これが上手く出来ていれば、本番でもそれに近いことができるはずです。

3.苦手だからこそ教えてもらう

ぼくは人前で話すことが苦手だったというのと、大勢の前でプレゼンをするという経験がありませんでした。

ですので、60歳を越えた熟練の先輩営業マンに時間を作ってもらって、リハーサルに付き合ってもらったことがあります。

「プレゼンは話すことが目的ではなくて、伝えることが目的」
といった考え方的な所から、
「話す台本を作ってしまう」
といった小技、目線の配り方等、1から教えて頂きました。

何事もそうですが、苦手なことは苦手なので、自分で考えても大したアイディアは出てきません。

得意であったり、経験豊富な方に教えをこうというのも1つのコツです。

4.苦手だからこそ当日は堂々と

これは、人前で話すことに限らず、人前に出て何かをする時に、ぼくが意識的にしていることがあります。

それは、本番中だけは堂々と自身たっぷりに振る舞うこと。
前日の睡眠をしっかりとり、背筋を伸ばし、この話だけは自分が一番知ってるばりに振る舞います。

本当はそんなこと微塵もないのですが。

でも、そうすることで、不思議と考え方もポジティブになれます。

根本的には克服はしてはいないのですが、自己暗示にかかっているような、そんな感覚です。

5.人が話す内容はそこまで細かく聞いてない

ぼくは数々のプレゼンを経験してきましたが、1つの発見があります。

それは、人が話している内容は実はそんなに細かく聞いていないということです。

先輩にも言われたことですが、

「上手くしゃべるのが良いプレゼンじゃない、伝わって理解してもらうのが良いプレゼン」
ということです。

伝えるべきことがきちんと伝わっていれば、その他の部分はそこまで神経質にならなくてもだいじょうぶです。

ということで、人前で話すのが苦手だったぼくが克服出来た方法〜小さなコツ3つ〜でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。