ぼくは年収が下がっても定時退社、残業少な目の会社員に転職しました。その思考回路

ぼくは年収が下がっても定時退社、残業少な目の会社員に転職しました。

その思考回路を共有します。

見出し
1.仕事が全てじゃない
2.お金が全てじゃない
3.自分の時間を大切にする

スポンサーリンク

1.仕事が全てじゃない

仕事だけが人生ではありません。

一昔前迄は、ある意味仕事人生が1つの美学だったらしいですね。

現代はそれと比べると、全く様変わりしています。

2.お金が全てじゃない

年収が高額だと、それはそれでいい生活は出来ます。

でもここで気をつけなければならないのが、お金が全てじゃないという考え方です。

年収が高いとそれなりに犠牲にするものも出て来ます。

3.自分の時間を大切にする

ぼくは転職をして年収が下がっても定時退社、残業少な目の会社員に転職しました。

それは、こうして記事を書く時間の確保、新しいことを考える時間の確保、家族や親族と過ごす時間の確保のためです。
この先、また転職するかも知れませんし、はたまた別のことをする可能性もあります。

それは分かりませんが、こうして振り返ることが出来ていることに感謝。

探せば会社員としての仕事はいくらでもあります。

その際に、パートナーとして一緒に転職活動が出来たのが下記のサービスです。

今はフリーターとしてバイトをしているけれど、別の仕事をしてみたい方へ。
ぼくは実際に下記の無料転職エージェントサービスを活用していました。
もともとフリーターから正社員になった身ですが、どうせなら色々な業界、業種を見てみたいという気持ちがありました。
エージェントサービスは専門で担当者がついてくれます。
転職市場や他の業界のことを相談出来ますし、自分の社会における位置も、聞くと教えてくれます。
今すぐ転職する必要がなくても、とりあえず登録しておくということも出来ます。
登録には訪問したりいろいろな手続きが必要になりますので、余裕があるうちに登録しておくことをおすすめします。

先輩から、無料で活用することが出来ると聞いてとりあえず登録をしてみたら結構参考になりました。

ということで、ぼくは年収が下がっても定時退社、残業少な目の会社員に転職しました。その思考回路でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。