体調管理について、川崎昌平さんのドキュメント ネットカフェ難民「最底辺生活」体験から学べること

川崎昌平さんの書籍、ドキュメント ネットカフェ難民「最底辺生活」は、ネットカフェ難民の疑似体験が出来る書籍です。

あまりにもイメージがしやすく、わかりやすい言葉で書かれているので、ぼく個人的には書籍版VR体験「ネットカフェ難民」と名付けています。

この書籍はネットカフェ難民の疑似体験が出来るのみならず、体調管理についても学ぶことが出来ます。

ネットカフェ難民の体調管理の事例や考え方から学べることを紹介していきます。

見出し
1.身体が資本
2.手洗い、うがいをする
3.薬を常用しない
4.睡眠をしっかりとる
5.ネットカフェ難民の体調管理のシンプルさ

スポンサーリンク

1.身体が資本

書籍の中に「ネットカフェ難民は、すべてを背負って日々を歩む。」という表現があります。

この表現がぼくは好きです。

身体が資本という考えが強い。

逆に言うと、身体さえあれば、どのネットカフェでも宿泊できるし、その日暮らしが出来る。

書籍ではここまでは書かれていませんが、ぼくはこの思想にネットカフェ難民、それ以前の「人」としての強い前向きな意思を感じられました。

だからこの表現が好きです。

金銭面、精神面、その他多くの事象では異なりますが、

・物を持たないミニマリスト
・職場を持たないフリーランス、ノマド
・家を持たないモバイルボヘミアン
・散歩をする人
こういったのと根本的な思想は一緒です。

身体が資本だからこそ、体調管理をしっかりするというのはシンプルで理にかなった行動です。

2.手洗い、うがいをする

可能な限り病原菌から身を守るため、なるべく手洗い、うがいをする。

これは、誰もが小さい頃から幼稚園や保育園、学校や家で言われて来たことだと思います。

ネットカフェ難民もこれを実践しています。

そう考えると、すごく必要なことに思えます。

3.薬を常用しない

書籍の中で、ネットカフェ難民体験中の川崎さんの父親からの印象的な言葉が記されています。

「人間がつくった病気を人間の薬で治してどうする。」

という言葉です。

ぼくは風邪をひいたり体調が悪くなっても、薬は飲まないようにしています。

周りには「何故薬を飲まない?」と怪訝そうな顔をされますが、ぼくはその方が体調が良いから実践していることです。

ぼくの実践してきたことを、半ば肯定してくれるかのような記載は、ぼくにとってはすごく印象的でした。
風邪をひいたときのぼくの行動は下記の記事に書かせて頂いてます。

http://www.officek2-777.com/article/455793796.html?1516400344

4.睡眠をしっかりとる

「よく寝る。

最大の健康法である。」

これも、普遍の事実なのかなあとぼくは個人的に感じています。

適切な睡眠時間は人によって違うので、何時間寝るといいって一概には言えません。

でも、その人にとって必要な睡眠が足りていない状態、いわゆる睡眠不足が続くとそれだけでストレスになります。

ストレスは万病の元と言われていますし、よく眠るというのは健康法だと言えます。

5.ネットカフェ難民の体調管理のシンプルさ

ネットカフェ難民の体調管理には、シンプルさがあります。

余計なお金をかけず、無駄に病院に行かない、自分の体調は自分で管理するという点です。

本来であれば、体調管理とは健康に過ごすための手段です。

シンプルな考え方を再確認出来ます。

この書籍は下記で手に入れることが出来ます。

ということで、体調管理について、川崎昌平さんのドキュメント ネットカフェ難民「最底辺生活」体験から学べることでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です