睡眠不足になる原因は「不安」「ストレス」快眠するためにぼくがしていること。

睡眠不足になる原因は「不安」「過度なストレス」この2つかと。
今日中に解消すれば快眠、解決していないままベッドに入ると眠れないことになります。
ぼくなりの快眠方法も併せてお伝えします。
見出し
1.睡眠不足の原因①不安
2.睡眠不足の原因②ストレス
スポンサーリンク

1.睡眠不足の原因①不安

睡眠不足の原因でこれが一番大きいのではないでしょうか。
そして、誰しも一度は不安で眠れない夜があったはずです。
経済面、恋愛、進路、仕事、家族、親族、よく分からないけど不安。
不安な状況だと、目を閉じるとそのことばかり考えてしまいます。
思考が堂々巡りになり、脳がずっと働いている状態。
これでは、眠りにつくことは出来ません。
ぼくは、不安の原因が分かっている時には下記の2つをしてからベッドに入るようにしています。
①今日のうちにその不安の原因となる問題を解決する
②とりあえず腹をくくる
①について、不安の原因となる問題をあれこれ考えると眠れなくなります。
それであれば、その問題を今日のうちに解決しておけば眠れなくなることはありません。
なかなか1日では解決できない問題の場合、②を使います。
問題は根本的には解決していないけれど、とりあえず「こうしよう」と決断する。
決断をすれば、後は翌朝実行すればいいだけです。
その結果、不安はなくなります。
決断さえも出来ない場合は、考えても無駄と割り切り、ふて寝してしまいます。
どう転んでも快眠です。

2.睡眠不足の原因②ストレス

睡眠不足の原因で次に来るのは「ストレス」だとぼくは思います。
適度で少しのストレスは快眠するのに必要らしいです。
これが、過度なストレスになると睡眠を邪魔します。
寝ようとしてベッドに入っても、ストレスがあるのでなかなか寝付けません。
やはり、その事を考えてしまうので脳が休まらないからです。
ストレスから来る睡眠不足を解消し、快眠するためにぼくがやっていることをお伝えします。
これは至極単純。
その日のストレスは、その日のうちに解消してしまいます。
ストレス解消法は人それぞれです。
ぼくは具体的に、好きなことに没頭したり、酒を飲んだり、好きな人たちと雑談したり、ツイ廃活動をしたり、文章を書いたり、ギターを弾いたり、あてもなく散歩したりしてストレス発散します。
そしていい気分でベッドに入る。
結構ストレス解消にも体力を使います。
体力的にいい具合に疲れていますし、ストレスの内容は忘れています。
快眠出来ない訳がありません。
ということで睡眠不足になる原因は「不安」「ストレス」快眠するためにぼくがしていることでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です