【自分のためのまとめ】モチベーション革命-稼ぐために働きたくない世代の解体書-尾原和啓

尾原和啓さんのモチベーション革命稼ぐために働きたくない世代の解体書を読みました。

自分のために要点だけまとめてみました。

見出し
1.
乾けない世代
2.
これからの仕事
3.
インサイト
4.4
つの革命
5.
生きがい

スポンサーリンク

1.乾けない世代

「乾けない世代」こそ、変化の時代のなかで希望の世代。

幸せの5つの軸。

乾けない世代は、達成、快楽よりも、意味合い、良好な人間関係、没頭を重視。

生き残る種とは、最も変化に適応したものである。強さ、知的さよりも適応(ダーウィン)

2.これからの仕事

誰でも出来る仕事は無くなる。

「有り難いこと」は時代の変化があっても「仕事」として成立する。

自分にとって好きで楽しく出来ることと、相手には出来ない事が噛み合う瞬間、仕事における至高。

日頃から感謝されることにヒントあり。

誰に何と言われようがこれが好きという偏愛、自分が頑張る意味が持てるものからのモチベーションは人にしか無い。

好きなことをやり続けることが、大きな競争力となる。

好きなことで楽しそうに仕事をしている人に、お金や人が集まってくる。

好きなことに打ち込む姿、誰かが共感して応援してくれる、これはAI時代に人に残された役割。

自分の強みを、なかなか人と被らない役割にして、自分にしか出来ない仕事にする。

仕事とプライベートを公私混同する。

信頼されているからこそ、これが可能

信頼されるには偏愛マップ、自分のトリセツが有効。

3.インサイト

消費だけではなく、体験を顧客は求めている。

アイディアの次は「インサイト」(新しい視点、潜在的な欲求を探し当てる力)

問題解決よりも、課題発見が大切。

会社勤めの中ではなく、生活者としての間に世の中のインサイトを発見する。

社会も経済も変化しているのに、働き方のルールは変わらないのはおかしい。

信頼されること。

4.4つの革命

変化はチャンス。

現代の4つの革命(変化しているのは確実)
・グローバル革命
IT革命
AI革命
・実世界志向革命(実世界のデジタル化)

チームで問題解決する重要性。

メンバー同士のフラットな繋がり、それぞれ異なる得意分野で凹凸を補い合えるメンバー。

自分の強み弱み、メンバーの強み弱みを把握する。

アマゾン さあ、才能(自分)に目覚めよう

自分と違う人はみんな先生。違いを理解することが生む価値。

価値=違い×理解

一人ひとりやりたい作業やモチベーションの素は違う。

何故、ここに居るのか?

5.生きがい

生きがいを見つけるための投資。

自分が持っているモノ、スキル、時間を今までよりも少し多めにシェアする。

コツコツが浮かばれる時代。

生きがいは次の4つが交差する場所
・だいすきなこと
・世界が必要としてること
・稼げること
・得意なこと

例えば尾原さんは、人と人をつなぐのが得意で生きがい。

AIは合理的、作業的なことが得意。

AIに追いつかれそうな市場に先回りして、AIエンジニアと市場の技術者を繋げることをしている。

ということで、【まとめ】モチベーション革命稼ぐために働きたくない世代の解体書尾原和啓でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です