ぼっちにとって、弁当の時間は恐怖!早く大人になって食べ歩きせよ。

ぼっち代表のk2777です。
過去には、クラスの遠足で誰も一緒に食べる友達が居なくて一人で弁当を食べていた経験があります。
ぼっちにとって、お弁当の時間は恐怖なんですよね。
集団の中に居ながらにして、皆の笑い声が聞こえる中で、自分だけ一人。。。こんな状況は今思い出してもむず痒いというか、なんとも言えない気分になります。
当時は、ご飯を一人で食べるのは恥ずかしい。
友達が居ないのがみんなにバレてしまう。
そんな下らないことを考えていました。
そんなぼっちでも、成長して大人になります。
大人になって気づいたことですが、逆に大人になったら一人で食べる方が楽しいと言うこと。
大人になると、一緒に食べたくもない人とご飯を食べなければならない場面なんて沢山出てきます。
嫌いな相手と食事すること位、苦痛なことって無いです。
また、誰かと一緒に食べると、緊張しちゃって食べ物の味を覚えていないなんてこともザラにあります。
勿論、気のおける仲間と食事をすることも、楽しいことは楽しいです。
それとは別として、一人でご飯を食べることは、これまた楽しいです。
そう、食べ歩きの楽しさを発見したんですね。
学校という限定された中で、みんなが居る中でぼっち飯を食べるということとは一寸シチュエーションが違うかも知れませんが。。。
使い古された言葉だけど、はやく大人になれ!
そして、早くぼっち飯を楽しめるようになれ!
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。