昼職やりながらホストはやめたほうがいい理由5個

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

ホスト業界は魅力的であり、一部の人々にとっては魅力的な職業です。

しかし、現在の立場に不安を感じているホストも少なくありません。

将来にわたって安定した収入や生活を維持することが重要です。

本記事では、「昼職やりながらホスト」の選択に関する考え方と、昼職に転身する理由について探っていきます。

ホスト業界から昼職への転身を検討している方々にとっては、参考になる情報を提供します。

ぼくはフリーターで昼職やりながらホストをしていた時期があります。

それから、昼職だけに的をしぼって正社員に転身した経験もあります。

より「自由に」生き延びることができていますよ。

この実体験をもとに、現在昼職をやりながらホストをしている方へ、アドバイスをさせて頂きます。

見出し
1.昼職やりながらホストはやめたほうがいい理由5個
2.昼職やりながらホストではなく、昼職で生活の安定を!
3.まとめ

スポンサーリンク

1.昼職やりながらホストはやめたほうがいい理由5個

1.1 健康への悪影響

ホスト業は夜間の仕事であり、不規則な生活リズムや長時間の勤務が必要です。
昼職と両立することは、十分な休息や健康管理が難しいことを意味します。

不規則な睡眠スケジュールやストレスの増加は、身体的な健康問題を引き起こす可能性があります。

昼職やりながらホストを続けることは、将来的な健康への悪影響をもたらすリスクが高まることを意味します。

1.2 経済的な不安定さ

ホスト業界は収入が不安定であり、特に経験の浅いホストにとっては厳しい現実が待ち受けています。

昼職やりながらホストを続けることは、経済的な不安定さを抱えることを意味します。

安定した収入を得ることは、将来の生活計画を立てる上で重要な要素です。

昼職に専念することで、経済的な安定を実現できる可能性が高まります。

1.3 人間関係の悩み

ホスト業界は、人間関係の複雑さやストレスが伴うことでも知られています。

お客さんとの関係や同僚との関係、さらには上司との関係など、様々なトラブルが発生する可能性があります。

昼職やりながらホストを続けることで、人間関係の悩みが増える可能性があります。

昼職に転身することで、より健全な人間関係を築く機会が得られます。職場での協力関係や友情は、心の安定と幸福感をもたらします。

1.4 職業的な成長の制限

ホスト業界は一定のスキルや才能を必要としますが、そのスキルや経験は他の職業ではあまり評価されないことがあります。

昼職やりながらホストを続けることで、自身の職業的な成長やスキルの向上に制限が生じる可能性があります。

昼職に専念することで、新しいスキルや知識を獲得し、自己成長の機会を広げることができます。

1.5 社会的な偏見と将来の不安

ホスト業界には社会的な偏見が存在し、ホストとしての経験が将来の就職やキャリアに悪影響を及ぼす可能性があります。

一部の雇用主や業界では、ホストの経歴を理由に就職を拒否することがあるかもしれません。

昼職に転身することで、社会的な偏見や将来の不安から解放され、新たなキャリアパスを築くことができます。

2.昼職やりながらホストではなく、昼職で生活の安定を!

ホスト業界から昼職への転身は、将来の安定した生活を追求する上で重要な選択です。

昼職、しかも正社員に専念することで、以下のメリットが得られます。

昼職のフリーターだけだと、どうしても収入が上がらない。

昼はバイトして、ホストやっていた時間はまた別のバイトしてっていうのは、あまりにもナンセンスです。

ここは、昼職バイト専念ではなく、あくまで昼職は正社員への専念をおすすめしたいです。

昼職の正社員のメリットを挙げて行きます。

2.1 安定した収入

昼職の正社員は通常、安定した収入源を提供してくれます。

給与や福利厚生の面で安心感を得られ、生活費や将来の計画を立てる上での安定感が増します。

昼職にはキャリアの道もあり、スキルや経験を積み重ねることで昇進や収入アップのチャンスも広がります。

2.2 健康との調和

昼職に専念することで、健康との調和を図ることができます。

定期的な休暇や規則的な労働時間によって、身体的な健康を維持することができます。

十分な睡眠を取ることや自分自身のケアに時間を割くことができ、ストレスレベルも低くなるでしょう。

健康な状態で働くことは、より充実した生活を送るための基盤となります。

ホストだとお客さんとの連絡を24時間とらなきゃいけないから、休みなし労働ですよね。

終わらないLINEッ!

2.3 職業的な成長の可能性

昼職に転身することで、職業的な成長の機会が広がります。

昼職では新しいスキルや知識を学ぶことができるだけでなく、キャリアの中で昇進やスキルアップのチャンスもあります。

自身の能力を発揮し、専門知識を磨くことで、将来のキャリアの可能性が広がるでしょう。

2.4 社会的な評価と安心感

昼職に従事することで、社会的な評価や認識も変わることがあります。

ホスト業界、フリーターから昼職の正社員に転身することで、一般的な社会的な価値観に則った職業に就くことができます。

周囲からの評価や尊重を受ける機会が増え、自身の安心感や自己肯定感も向上するでしょう。

出勤時間に遅刻したら罰金とか、当日欠勤で罰金を取られたりとか、理不尽な給与体系はありませんよッ!

まとめ

昼職やりながらホストを続けることには、様々なリスクや制約が存在します。

しかし、昼職に専念することで、安定した収入、健康との調和、職業的な成長の機会、社会的な評価と安心感を得ることができます。

将来に不安を抱えるホストの方々にとって、昼職、特に正社員への転身は安定した生活を築くための重要な選択肢です。

自身の目標や価値観を考え、将来に向けた具体的な計画を立てることが大切です。

昼職の正社員で新たなチャレンジをしていきましょう。

冒頭でもお話しましたが、ぼくも実際にホストを経験して、その後昼職の正社員に専念した経験があります。

昼職やりながらホストからの昼職専念!ということで、転職エージェントを紹介しているのは下記の記事です。

ホストから正社員になるためには転職エージェントを活用するのが吉

ホストもフリーターみたいなもんですよ。

雇用と収入が不安定という意味で、同じだとぼくは思います。

だからこそ、まず収入を安定させるという意味での正社員です。

正社員であれば毎月の収入は保証されています。

上記は初めての正社員向けの記事です。

もし、現在、昼職で正社員をやりながらホストをやっている場合には、下記をご参照ください。

初めての転職ッ!やり方21ステップ【5回の転職経験から】

正社員でなおかつホストをやらなければならない状況というのは、金銭的に相当きつい思いをされているのだと思います。

正社員であれば、転職をするだけで収入を2倍にすることだって可能です。

実際にぼくは3年間位かけて、正社員の年収を2倍にすることができました。

その方法は、転職です。

フリーターでホストをやっていた頃の収入よりも、かなり年収が低い正社員になってしまい、ホスト以外のバイトをしてました。

よーく考えたら、正社員なのにホストよりも低い給料しかもらえないその理由は、業界選びとその会社の位置と察しました。

業界も会社の立ち位置も全く違う会社に転職をし、3年間位やったら、そこまで苦労することなく年収が2倍になりましたよ。

ぼくという人間は同じだし、やってることも変わらないのに、生活はどんどん良くなっていく。

面白い体験でした。

是非、上記の記事を参考にして下さいね。

更に、これは、あなたにとっては更に先の話かもしれませんが、正社員もホストと同じような働き方にすぎないと気づく時があります。

じぶんの時間の切り売りに過ぎないという事実。

現在、ぼくは既にこの気づきを得て行動してます。

もし、同じような気づきを得ている方は是非、このブログのお問い合わせからご連絡下さい。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました