働き方について考えてみた~優良企業に対する3つのタイプ~

優良企業に対する働き方について考えてみました。
現在、優良ホワイト企業に勤めている会社員の方へ、こういうケースもあることを知って頂ければ幸いです。
見出し
1.働き方について考えたきっかけ
2.働き方①優秀な人は企業を飛び出す
3.働き方②優秀じゃない人も飛び出す
4.働き方③企業にあえて残る
5.働き方について考えてみたまとめ
スポンサーリンク

1.働き方について考えたきっかけ

嬉しい知らせがありました。
後輩が勤めていた優良企業を辞めて、独立したとのこと。
メールで知らされただけなので、現段階では独立したことしか知りません。
彼は優秀な人だったので、ゆくゆくは独立するなと思っていました。
これからは企業でなく個人の時代。
どう働くかは個人で決めなければいけません。
考えてみると、今回は優秀な人が企業を飛び出すケースでしたが、ぼくはその他にも2つのケースがあることを知っています。
・企業を飛び出す優秀な人
・企業を飛び出す優秀じゃない人
・企業にあえて残る人
3つのケースをお伝えします。
ぼくが実際に聞いたり経験したことなので、偏りはあるかもしれませんがお付き合い頂けますと幸いです。

2.働き方①優秀な人は企業を飛び出す

優秀な人は企業を飛び出します。
飛び出した先には、更に待遇が良い企業に行くか、個人事業主か起業の道が待っています。
勤めていた企業と同じ業界で独立というのが、一番失敗しないパターンです。
勤めていた企業で身につけた知識や人脈を、そのままノウハウやスキルとして使えるからです。
そう考えると、会社で勤めている時間も「お金を貰って、勉強が出来ている。」と考えられます。

3.働き方②優秀じゃない人も飛び出す

優秀じゃない人も企業を飛び出すことがあります。
それも、勤めていた会社とは業界も業種も違うことをしようとします。
これは、失敗する可能性が一寸高いです。
本人次第だと思いますが。
このタイプは、需要があるかは分からないが、誰かの役に立ち、かつ自分で稼ぐことを実現するために会社を辞めるという決断をした人です。

4.働き方③企業にあえて残る

企業を飛び出す人が居るなかで、あえて企業に残るという選択をする人も居ます。
辞めるのはいつでも出来ますから。
時間の切り売りだったとしても、少なくともお金は貰えるのでとりあえずは生活は出来ます。
戦略を立てるのもよし、投資を始めるもよし、会社とは別の勉強をするもよしです。
また、正規雇用は給料が上がったりボーナスがあったり有給があったり、お得なことが満載です。

5.働き方について考えてみたまとめ

働き方はそれぞれです。
良し悪しや善悪はそこにありません。
ただ違うというだけです。
優良企業に勤めている会社員の方に、何かの参考になれば幸いです。
ということで、働き方について考えてみた~優良企業に対する3つのタイプ~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。