お酒はただの毒水!断酒してみて思い出したこと

お酒はただの毒水!

断酒してみて思い出したこと。

見出し
1.お酒はただの毒水!断酒してみて思い出したこと
2.お酒はただの毒水だけど、飲んでしまうのはドーパミンのせい
3.お酒はただの毒水、でも甘いものも体にとっては毒なのではないだろうか

スポンサーリンク

1.お酒はただの毒水!断酒してみて思い出したこと

お酒はただの毒水!

断酒してみて思い出したんですよ。

だから、ツイートにまとめてみました。

ぼくは3ヶ月の断酒を成功させた経験があります。

今では飲まないのがデフォルトですが、飲む日と決めたら飲むという生活になっています。

断酒すると、忘れっぽかった脳の記憶力が回復するという説があります。

実際、過去の記憶とか思い出しやすくなるんですよ。

お酒はただの毒水だと思った記憶も思い出しました。

お酒を飲みはじめの頃は、お酒を飲むと頭がグラグラしていました。

仰向けになってもグラグラして、こりゃ眠れないな。と。

視点が定まらないんですよ。

そして、体に入って来た毒をどうやっつけようかと考えていました。

水を大量に飲みました。

それでもまだ寝付けない。

流石に毒を明日に持ち越すわけにもいかないなーなんて考えつつ。

その日は、しばらく起きていようと、水を飲んで、夜の散歩に出かけました。

そんな記憶です。

更に、お酒を飲むと楽器も上手く演奏出来なくなる。

一番好きな楽器の演奏が出来なくなる。

お酒って、デメリットしかないなと思ったことも思い出しましたよ。

更に、じぶんには必要ない飲み物だと思ったことも、同時に思い出しました。

それが今や、日常的にお酒を飲むような生活になってしまいました。

2.お酒はただの毒水だけど、飲んでしまうのはドーパミンのせい

お酒はただの毒水です。

頭では分かっているんですよ。

ではなぜ、ただの毒水を飲んでしまうのか。

それは、ドーパミンのせいだと言われています。

お酒は苦いし、味はあまりおいしくない。

それにも関わらず飲んでしまうのは、お酒を飲むと脳内にドーパミンが分泌されるから。

ふわっと楽しい気持ちになれるんですね。

これが、毒水をみずから進んで飲んでしまうカラクリです。

お酒が足りなくなると、コンビニに酒を買いに走ってしまう。

これって、脳がお酒にコントロールされている状況です。

冷静に考えるとおっかない話ですよね。

3.お酒はただの毒水、でも甘いものも体にとっては毒なのではないだろうか

お酒はただの毒水です。

ドーパミンになれてしまった脳は、ドーパミンを欲します。

ここで禁酒、断酒をしようものなら、今度は別のものでドーパミンを出そうとします。

代替えになるのが甘いもの。

でも、甘いものも体にとっては毒なのではないだろうか、というのがぼくの意見です。

ぼくは前に断酒を3ヶ月継続したことがありますが、初期はやはり甘いものが欲しくなって、これまで食べたこと無いような甘~いお菓子も食べてしまったことがあります。

ぼくの場合、もともと甘いものは好きではないので、断酒1ヶ月位で収まりました。

どんなものも、大量にとるとやはりリスクが高くなるのかと。

栄養素も偏るし。

どれも、ほどほどがいいですよね。

ぼくの断酒の記録は下記に共有しています。

お酒をやめるのって、結構大変なことというのもお分かり頂けるかと思います。

断酒メリットしかない!実験してみたブログ(2022年3月~)

またブログ書きます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク