なぜ下手なのに売れる絵があるのか?5つの理由

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

なぜ下手なのに売れる絵があるのか?

5つの理由ッ!

イラストを描くのが好きな人で、SNSや個人のホームページでイラストの販売を試みているけれど、なかなか売れないという悩みを抱えている方々も多いことでしょう。

しかし、意外なことに、下手なのに売れる絵が存在するのです。

この事実に気づいたあなたは、なぜ下手な絵が売れるのかについて疑問を抱き、検索をしてみたのではないでしょうか。

実は、その答えのひとつがNFT(Non-Fungible Token)アートにあるのです。

本記事では、下手なのに売れる絵の謎と、NFTアートの世界に踏み込む方法について詳しくご紹介します。

見出し
1.NFTではなぜ下手なのに売れる絵があるのか?5つの理由
2.NFTアートを始めてみるという方法
3.まとめ

スポンサーリンク

1.NFTではなぜ下手なのに売れる絵があるのか?5つの理由

1.新たな評価基準の登場

従来のアート市場では、一部のエリートな評価者やギャラリーによって絵画の価値が決定されてきました。しかし、NFTアートではブロックチェーン技術によって作品のオーナーシップが保証され、アーティスト自身が直接作品を販売することができます。これにより、新たな評価基準が生まれ、下手な絵でも個別のコレクターやファンによって価値が見出されることがあります。

2.個性やストーリーの重要性

NFTアートは、アーティストの個性や作品のストーリーが重要視される傾向があります。下手な絵でも、独自のスタイルや表現方法、強いメッセージ性を持っていれば、それ自体が魅力となります。また、アーティスト自身が作品の背景や制作過程を公開することで、作品に対する理解や興味を深めることができます。

3.コミュニティの力

NFTアートは、オンライン上のコミュニティが盛んに活動しています。特定のテーマやジャンルに関心を持つ人々が集まり、互いに作品を支援し合ったり、情報を共有したりすることで、アーティストの知名度や作品の評価が高まります。下手な絵でも、その作品が特定のコミュニティで支持を受ければ、売れる可能性があります。コミュニティの力は非常に大きく、アーティスト自身が積極的に参加し、交流を深めることで、自身の作品をより多くの人々に知ってもらうチャンスを得ることができます。

4.先駆性やトレンドの追求

NFTアート市場はまだ発展途上の分野であり、常に新たなトレンドや先駆的なアイデアを求める傾向があります。下手な絵でも、他のアーティストとは異なる斬新なアプローチやテーマを追求することで注目を浴びることができます。既成の評価基準にとらわれず、自由な発想と実験的なアート作品にチャレンジすることで、自身の独自性をアピールできます。

5.マーケティングとプロモーションの重要性

NFTアートの売れる要素を引き出すためには、効果的なマーケティングとプロモーションが欠かせません。SNSやウェブサイトを活用し、自身の作品を広く宣伝することで、より多くの人々にアクセスしてもらうことができます。また、有名なコレクターやメディアとのコラボレーションや展示会への参加など、さまざまな場面で自身の作品をアピールすることも重要です。

2.NFTアートを始めてみるという方法

1.ブロックチェーンとウォレットの理解

まずは、NFTアートの基本的な仕組みであるブロックチェーンとウォレットについて理解することが重要です。ブロックチェーンは作品のオーナーシップとトークン化を保証し、ウォレットはNFTの保管や取引を行うためのデジタル財布です。これらの仕組みに慣れることで、スムーズにNFTアートの世界に参加することができます。

2.独自のスタイルやテーマの探求

NFTアートでは、個性や独自性が重要視されるため、自身の独自のスタイルやテーマを見つけることが大切です。自分のアートにおいて何が特別で、他のアーティストとは異なる要素があるのかを考えてみましょう。自分自身の感性や興味を反映させることで、魅力的な作品を生み出すことができます。

3.作品のデジタル化とNFT化

下手な絵でも、デジタル化することで作品のポテンシャルが広がります。アート作品をスキャンしたり、デジタルアートとして制作したりすることで、オンラインでの展示や販売が可能になります。また、NFT化することで作品の一意性や所有権を確立し、市場での取引が可能になります。

4.オンラインプラットフォームの活用

NFTアートの販売や展示は、オンラインプラットフォームを活用することが一般的です。有名なNFTマーケットプレイスやアートプラットフォームに自身の作品を登録し、多くの人々にアクセスしてもらえるようにしましょう。また、SNSや個人のウェブサイトなどを通じて、自身の作品を積極的に宣伝することも重要です。

5.コミュニティとの関わり

NFTアートの世界では、他のアーティストやコレクターとの交流が非常に重要です。オンライン上のコミュニティに参加したり、展示会やイベントに積極的に参加したりすることで、自身の作品をより多くの人々に知ってもらう機会が広がります。他のアーティストからのフィードバックや支援を受けることもあり、成長の機会となるでしょう。

NFTは、今後市場が拡大されると言われています。

ガッツリやらないまでも、一寸だけかじっておくというのもあり。

未来を先取りできます。

万が一、NFTがオワコンになってしまってNFT自体がなくなってしまったとしたら。

その可能性は0に限りなく近いと思いますが。。。

NFT自体がなくなってしまったら、もうNFTの体験は出来なくなってしまいますからね。

NFTの体験を死んでもやりたくないという方は、下記のリンクは絶対にクリックしないで下さいね。

NFT Artの始め方を全力で解説ッ!3ステップですよー。

近い過去だとVALUがありました。

ぼくもわくわくして始めてみましたが、ご存じの通り、現在はサービス終了しています。

でも、VALUでわくわくした体験は、思い出として心に残っています。

NFTは無くなるっていうことはないと思いますが、この世の中、絶対とは言い切れませんね。

NFT Artそれ自体も楽しいんですよ。

更に、NFTアートを始めると情報が入ってくることに気づきました。

リアルイベントは楽しいですね。

NFT ART TOKYO 3があるのを数日前に知って、ファイナルファンタジーのキャラクターデザインの天野喜孝さんのデジタルライブドローイングを目撃したのは、貴重な体験でしたよ。

その時の様子は下記です。

NFT ART TOKYO 3渋谷「ZIELCHAIN」天野喜孝さんのライブドローイングを目撃ッ!

新しいことを始めると、新しい行動が出来るようになります。

3.まとめ

下手なのに売れる絵が存在する理由として、NFTアートが注目されています。

従来の評価基準にとらわれず、新たな評価基準やコミュニティの力によって、独自性やストーリー性が重視されることがあります。

NFTアートを始めるためには、ブロックチェーンやウォレットの理解、独自のスタイルの追求、作品のデジタル化とNFT化、オンラインプラットフォームの活用、そしてコミュニティとの関わりが重要です。

NFTアートは、従来のアート市場では見過ごされてしまう可能性がある下手な絵でも、新たな評価基準やコミュニティの支持によって売れるチャンスを与えてくれる世界です。

自身の個性やストーリーを作品に反映させ、オンライン上で広くアピールすることが重要です。また、NFTアートの始め方としては、ブロックチェーンとウォレットの基礎知識を身につけることや、デジタル化とNFT化による作品の拡散、オンラインプラットフォームの活用、そしてコミュニティとの積極的な関わりがポイントとなります。

NFTアートはまだ新しい分野であり、チャレンジする価値があります。自身のアートを通じて、新たな可能性を追求し、広く人々に作品を知ってもらうことで、下手なのに売れる絵という驚きと成功を手にすることができるかもしれません。ぜひ、NFTアートの世界への一歩を踏み出してみてください。

以上が、下手なのに売れる絵の謎とNFTアートの始め方についての解説でした。

NFTアートは個々のアーティストにとって新たな可能性を開くものであり、あなたも自身のアートを通じて素晴らしい成果を得ることができるでしょう。

ぜひ、挑戦してみてください。

もう一度紹介しますが、NFTの体験を死んでもやりたくないという方は、下記のリンクは絶対にクリックしないで下さいねー。

NFT Artの始め方を全力で解説ッ!3ステップですよー。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました