人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?山本一成著で印象に残った考え方「人工知能は人類の子ども」

人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?山本一成著
印象に残ったのは、
「人工知能は人類の子ども」
という考え方です。
見出し
1.人工知能と人類の関係は親と子
2.ディープラーニングの仕組みや歴史も記載されている。
スポンサーリンク

1.人工知能と人類の関係は親と子

「人類がいい人であれば、人類知能はシンギュラリティを迎えたあとも、敬意を持って私たちを扱ってくれるでしょう。」
シンギュラリティに対して懸念を抱く人も一定多数居る。
人工知能はとても危険という意見にも、作者は一定の同意をしています。
でも、大切なのは人工知能を作り出した人類のこれからの行動。
人工知能から見たら、人類は生みの親。
親を超えてしまっても、人類が知性と愛情を持って人工知能と接していれば、それを、返してくれる。
この本の中には、そういったような記述があります。
これを受けて、
「🍀2045年シンギュラリティ後の、未来の人類と人工知能の関係について書かれています。
♦「親子のような関係」といった考え方は秀逸!
♣山本一成さん著「人工知能はどのようにして 名人 を超えたのか」ダイヤモンド社
🍜オンライン、オフラインの区別はせず正直に生きよう。」
上記のようなことを考えました。
技術やネットワークは進化して便利になっています。
更に、人工知能の進化は止まりません。
人と人、人と人工知能、人工知能と人工知能、根本的には双方の関係性が大切だとぼくは思います。
ネットワークや最新技術は手段にすぎない。
オンライン、オフラインの区別はあまりなくなってくるのは火を見るより明らかですし、
あらゆる側面で正直に生きよう。
そんなことを思いました。

2.ディープラーニングの仕組みや歴史も記載されている。

著者の山本一成さんは、はじめてプロ騎士に勝った将棋AI「ポナンザ」を作った方です。
コンピュータとは?
ディープラーニングとは?
ポナンザの成長の過程
上記のような人工知能、コンピュータの基礎の記載もあります。
人工知能にあまり詳しくない方、人工知能を知りたい方にもおすすめです。
人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?山本一成著は下記から手に入れることが出来ます。
ということで、人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?山本一成著で印象に残った考え方「人工知能は人類の子ども」でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。