コンビニ店員さんは希少価値があがり、ブランド化する。未来予測!!

コンビニ店員さんは希少価値があがり、ブランド化、個人化する。
未来予測したのをまとめます。
超個人的な未来予測ですよー。
見出し
1.コンビニ店員さんはブランド化する
2.コンビニ店員さんは個人化する
3.既にブランド化しているコンビニ店員さん紹介
4.また違ったアイディアが出てくる不思議
スポンサーリンク

1.コンビニ店員さんはブランド化する

コンビニ店員さんはブランド化する。
ぼくはこう思います。
「🍀コンビニで、次々と新しい技術が投入されてますね。
♦決済端末とかPOSとか。
♣コンビニの店員さんという職業は淘汰され一握りになる。
🍜ぼくはコンビニの店員さんになったことがありませんが、何かやってみたくなりました。
🐼最新技術を店員側から見て、多国籍の方々と働くのもたのしそー。」
コンビニの最新技術の取り込みは、他の業界と比べて早いように思います。
決済端末、キャッシュレスへの取り組み、無人化、小人化への取り組みがあげられます。
さらにここ日本は超高齢社会。
外国の方々を積極的に受け入れていますね。
最新技術に触れられて、多国籍の方々と一緒に働ける。
そんな環境って他には、一寸ないんじゃないでしょーか。

「🍀ぼくは人が好きなので、コンビニには人が居てほしいと思います。
♦最新技術が発達してるから、一店舗に一人二人とかでもまわるようになるんだろーな。
♣コンビニ店員さんというのは、これまでは深夜に働けるフリーターの仕事。
🍜これからは、限られた人しか出来なくなる。
🐼ブランド化する。」
ぼくは、無人AIコンビニ、セルフレジを体験したことがあります。
もはやコンビニに人が居なくなる時代が来るのは明らか。
コンビニ大手ローソンさんも、数年後までに24Hコンビニは人が一人居ればいいシステム作りの準備をしているそうです。
だからこそ、コンビニ店員さんというのはそれだけで希少価値が生まれます。
昔、電話交換手、高速道路のチケット取り、競馬のチケットもぎりをしていた方の話って聞いてみたいですよね。
それと同じで「コンビニ店員さんだった」というのが貴重な体験談になる時代も確実に来ると思います。
ぼくは、コンビニ店員さんにはなったことがないので、期間限定でやってみたい気持ちがあります。
そして、ひ孫とかに自慢したい。
「おじいちゃんは、コンビニ店員さんになったことがあるんだよ!」

2.コンビニ店員さんは個人化する!

「🍀これだけ技術が発達してるんだから、コンビニを経営するのに資本とか関係なくなる。
♦大手は没落して、個人のニッチな要望に答えられるお店が優勢になる。
♣「あの人の店だから買いたい。」
🍜そういうニーズに、技術とネットワークを相棒にもっと応えられるようになる
🐼ブランドではなく個人」
もはやコンビニという概念すら、危ういのではないかとぼくは思います。
ネットや技術が発達しているので、誰でも物を売れるようになる。
そうなると、ただ24時間空いているという便利さは薄れていくのかと。
これからの大手コンビニさんの驚異としては、個人商店なのではないかと。
いつでも手に入るという前提条件が一緒であれば、コンビニか専門商店どちらで買いたいかという問題。
専門商店で買いたいという方が圧倒的に多いのではないかと思います。
個人の専門商店。
この人だから買いたい!
そんな風になる未来もそう遠くないような気がします。

3.すでにブランド化しているコンビニ店員さん紹介

すでにブランド化しているコンビニ店員さんは多数いらっしゃいます。
許可頂いている方のみ、下記に紹介していきますね。
・グラビアも出来るコンビニ店員さん
コンビニ × グラビア!!
あすかさんです。

・クセが強すぎるコンビニ店員さん
クセが強いッ!
でも、歌声が力強くてぼくは好きです。
2020年10月、コンビニ店員さん卒業されました。

・イケメンすぎるコンビニ店員さん
人生オワてるくん
コンビニ店員さんも見た目がだいじ!

・正直すぎるコンビニ店員さん
これぞTwitterや!
これこそTwitterやッ!
そんなことを思い出させてくれるツイートを展開してくれています。

・Twitterフォロワー数1.5万人超えコンビニ店員さん
Twitterのフォロワー数1.5万人超えてるッ!
「それゆけコンビニ店員さん」というアカウント名でツイートされています。
ただフォロワー数多いだけじゃあないのがすごすぎ!
毎回のツイートのふぁぼ数も100~200ッ!
Twitterマスターやで!
プロツイッタラーやでッ!

4.また違ったアイディアが出てくる不思議

「🍀というよーな、近未来の小説を書こうかな。
♦酔ってるので、明日には覚えてるかどうかわからないけど。
♣明日の自分、もしくはこのツイートを見た誰かが形にしてくれたらうれしい。
🍜久しぶりにビールを飲んで、また違ったアイディア
📕忘れないのは、ぼくはまだ散歩の途中。恩返しの途中。」
思考を共有として残しておける。
誰かに「あの時ぼくは何て言ってたっけ?」と聞くことも出来る。
まあ、1つのアイディアとして参考にします。
小説は書くつもりはありませんが、短編のストーリーは、こうしてブログに書き残して行きたいと思います。
2020年春には、無人コンビニの運営がスタートしてますよー!
この文章を書くきっかけになった赤羽無人コンビニ実証実験の体験を下記に共有しています。
高輪ゲートウェイ駅に、日本初の無人コンビニ運営されてます。

ということで、コンビニ店員さんや商店の店主は希少価値があがり、ブランド化する。未来予測!!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。