赤羽のAI無人コンビニを体験したらコンビニ店員さんになりたくなった!!

赤羽のAI無人コンビニを体験したらコンビニ店員さんになりたくなりました。
そしてまだ見ぬ未来のひ孫に自慢したい!
これは、コンビニ店員さんになりたいというぼくの超個人的な思考の共有です。
見出し
1.赤羽のAI無人コンビニの体験!!
2.確実にコンビニの店員さんになれる機会は失われていく
3.今のうちなコンビニ店員さんやっときたい!ひ孫に自慢したい!
スポンサーリンク

1.赤羽のAI無人コンビニの体験!!

「🍀わくわくした!
♦赤羽駅のAIを使った無人コンビニ「体験」!
♣コンビニの店員さんになりたくてもなれない時代がすぐそこ。
🍜今のうちにやっとこーかな。
🐼1日だけ体験させてくれるコンビニさんないかなー。」
この日は、赤羽駅ではじめて無人コンビニの実証実験が開始された日。
ぼくはたまたまラッキーだったのですが、そこまで並ばずに体験することが出来ました。
感想は
スマート!
これが浸透する未来はめっちゃワクワクする!
です。
小銭ジャラジャラ、店員さんとのやり取り、こういった時間の短縮にもなる。
そして使える時間が増える。
今ある仕事の48%はAIに置き換わる、シンギュラリティだなんだと言われています。
そのすべてを鵜呑みにはしていませんが、その先端を体験することが出来ました。
今のところは3名しか同時認識出来ないので、店内には3名しか入れません。
なかなか実用的ではありませんが、目指すところは見えてるので進化は早いと思います。
まだ体験してない方はおすすめ!
未来を一寸体験出来ます。

2.確実にコンビニの店員さんになれる機会は失われていく

「🍀コンビニの店員さんは、希少価値がある職業になる。
♦ぼくはコンビニの店員さんになったことがないので、今のうちにやっておこうかなとも思います。
♣結構大変そうだな!
🍜ローソン「2025年をめどに店員1人だけで24時間運営できるようにしたい」」
上記のような大手コンビニの動きもありますし、現在日本のコンビニで働いてる方は、高齢者や外国籍の方が増えてます。
更に、無人化。
一寸先の未来では「コンビニの店員さん」というのは少なくなり、その分希少価値が出て来るとぼくは予想します。

3.今のうちにコンビニ店員さんやっときたい!ひ孫に自慢したい!

こんな状況にもかかわらず、ぼくは実際にコンビニ店員さんはやったことがないんです。
理由は、時給が安い、つまらなさそう、色んなことしなきゃならないので大変そうということで、バイトしなきゃならない時は別のバイトしてました。
だけど、現代の状況であれば話は別!
今のうちにコンビニ店員さんやっときたい!
ひ孫に自慢したい!
そんな風に考えるようになりました。
「おじいちゃんが若い頃、コンビニ店員さんだったんだよ!今では全部ロボットの仕事になっちゃったけどね。」
みたいに自慢できるの、なんか素敵じゃないですか。
ということで、どこか寛容なコンビニさんありませんか?
都内で。
「🍀コンビニ店員さん体験!一日と言わずとも、三時間位でも良いんですけどね。
♦Twitterバイト探し!w
♣赤羽無人AIコンビニを体験して、コンビニ店員さんになりたくてもなれない未来を感じてる系散歩師。です。
📕テレビで言わないとダメだな。
🍞出る予定ないけど。」
日本はまだまだTwitter人口よりも、テレビ観てる人口の方が圧倒的に多いですね。
居酒屋、ラーメン屋、蕎麦屋、カレー屋とか接客業かなりやってます。
だけど、コンビニはだけはやったことない!
「おじいちゃんが若い頃は、コンビニは店員さんやったことあるんだ。今では考えられないけどね。」
ってひ孫に言いたい!!
「🍀コンビニ店員さんになるんだったらどれにしよーかな。
♦大手コンビニチェーンよりも、昔ながらの商店がコンビニになったパターン体験したい。
♣大手ホテルじゃなく、民宿に泊まり込みバイトしたことあるけど楽しかったので。」
このツイートした後で、大手ホテルでバイトとしたこともあるやん!と思い出しました。
だけど、大手ホテルよりも、民宿での経験のほうが濃い。
バイトさせてくれる個人経営のコンビニさん、ないですかね?
「🍀ぼくに、コンビニ店員さんを1日だけやらせてください!!
♦赤羽の無人コンビニを体験、コンビニ店員さんをやりたくても出来ない未来が来るかも。
♣だけど、ぼくはコンビニ店員さんやったことない。
🍜当方、健康な体とゴキゲンな心だけはあります。」

ということで、赤羽のAI無人コンビニを体験したらコンビニ店員さんになりたくなった!!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。