寝食忘れて読書に没頭し、昼ごはんを食べるのを忘れてしまいました。睡眠は忘れない!!8時間!!

おはようございます。
Twitterでつぶやいた内容をまとめておきたいと思います。
「寝食忘れて」という体験が一部できたので、今後の生活にどう反映されるのか?
壮大な実験の中の1部として個人的に残しておきたいと思ったのが動機です。
「寝食忘れて」読書に没頭してしまいました。
その結果、昼ごはんを食べるのを忘れてしまいました。
気づいた時には16時30分。
ぼくは最近、最新のテクノロジーの進化、AI、ブロックチェーン、ロボット工学等に興味があります。
でも、そもそもそれを作り出せるのって「健康な体」があってこそなんじゃ?
更に、それを作り出したのは「人」だよな?
ってことで、医学や哲学、生物学なんかにも興味が湧いてきてしまいました。
現代は、業界の壁がだんだんと消えて行って、どの業界の話をするのにも他の業界の話も関連しているという、今までに考えられなかった状況になってきています。
これは情報革命、インターネットによるものですが、現時点で最も新しいものがIoT、モノがすべてインターネットにつながるというものです。
これによって、最先端の一つの分野を理解しようとすると、それに付随する分野も知らなければならないという状況になります。
今後、更にこれは加速するでしょうが。
点ではなく、面で理解するということが今後、更に重要になって来ます。
ですので、ぼくは最新の情報はTwitterやFacebook等で仕入れて、図書館にあるネットに乗っていないであろう古い書籍の情報も仕入れ、それをミックスして立体的に理解することに努めています。
それに没頭して食べるのは忘れてしまったということです。
幸いにもこの日の前日は、昼はタイ料理、大盛りフォー、グリーンカレー、トムヤムクン、ガパオ、夜は納豆ピザ、マルゲリータというかなりヘヴィーな食生活をしていました。
逆に昼飯を自然に抜けてよかったのかなとさえ思いました。
  ※小食とアンチエイジングの関係性についても、実体験を別の記事でまとめていますので、よろしければそちらをご覧ください。
「食べるの忘れてたのは構わないけど、寝るのは忘れないよーに。」

とつぶやいたのはそのためです。
ぼくの個人的な意見ですが、食事はしなくても構いませんが睡眠は削るとストレスになります。
この日は8時間しっかり寝ました。

ということで、またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。