秦野ジェイタン!ラーメンはここ!タンタン麺と唐揚げ

タンタン麺と唐揚げのジェイタンでタンタン麺を頂いて来ました。

秦野駅の駅で近のラーメンはここですね!

オーダーしたメニューと店の雰囲気、かけすぎ部の活動ッ!

共有しますね。
見出し
1.秦野ジェイタンのタンタン麺と唐揚げ
2.秦野ジェイタンのメニューとお店の雰囲気
3.秦野駅近のラーメンはジェイタン

スポンサーリンク

1.秦野ジェイタンのタンタン麺と唐揚げ

秦野駅の近くにある、ジェイタンでオーダーしたメニューは

・秦野濃厚坦担麺 赤味 850円
・唐揚げセット 300円

計 1050円です。

秦野濃厚坦担麺の麺は3種類から選ぶことが出来ます。

・本場博多の極細ストレート麺
・浅草開化楼のてもみ麺
・本場博多の中太ストレート麺

一番上の本場博多の極細ストレート麺がスタンダードっぽかったので、これをオーダーです。

替玉ありというのも全面的に押し出されていて、博多のラーメンならではと言った感じです。

新しいビットマップ イメージ.jpg

写真は秦野濃厚坦担麺 赤味 850円です。

スープはメニューの名前通り濃厚!
辛いタンタン麺らしく、辛味があり飽きない旨さです。

着丼の際は、若干どんぶりが小さいように感じましたが、スープがトロトロで濃厚なので結構ちょうどいいです。

具はネギ、モヤシ、刻みチャーシュー等、盛りだくさんです。

麺は極細ストレート麺とありましたが、スープによく絡みます。

絶妙なバランスで麺とスープを頂くことが出来ます。

スープは一寸だけ少なめです。

個人的にはスープの量はもう少しだけ欲しかったところでした。

そして、全体的に辛いのですが、1つだけ食べてはいけないものが。。。

それは赤唐辛子です。

赤唐辛子が一本丸まる丼の中に入っています。

赤唐辛子はかじるだけでも激辛です。

更に、赤唐辛子は香り付けのために入れていると他のカレー屋さんで言われたことがあるので、ぼくは食べませんでした。

2.jpg

からあげセット 300円です。

大きめのからあげとキャベツ、マヨネーズ、ご飯がつきます。

唐揚げもカラッと揚げてある系の唐揚げで旨いです。

個人的にはキャベツをもう少し食べたかったです。
それ位、味がしっかりしている唐揚げとタンタン麺でした。

看板に「タンタン麺とからあげの」と謳っているだけあって、納得の味でした。

2.秦野ジェイタンのメニューとお店の雰囲気

今回ぼくがジェイタンでオーダーしたのは、秦野濃厚坦担麺 赤味 850円でしたが、

辛くないタンタン麺もあります。

メニュー名は黒味

赤味と同額です。

タンタン麺のメニューはこれ以外にもあって

極味 激辛 880円というのもあり、惹かれてしまいましたが、初めてのお店だったので控えました。

次回はこれかな。。。

タンタン麺の種類は他にも、印度、和風マイルド、つけ麺等あります。

印度のタンタン麺ってどんなん?!と個人的にめちゃ興味があります。
すごくバリエーション豊富なのが嬉しいですね。

セットメニューに関しても、今回ぼくがオーダーしたのは、からあげセット 300円でしたが、

油淋鶏セット 350円
半印度チャーハンセット 350円

もセットメニューであります。

更に更に!!
中華そばやチャーハン

餃子定食
ホルモン味噌炒め定食
四川麻婆豆腐定食

もう、何でもありのメニューのバリエーションが魅力的です。

「タンタン麺とからあげの」っていう冠はもはや要らないのでは?と思ってしまうほど、それ以外のメニューも充実しています。

店内は広々で

カウンター席とゆったり出来るテーブル席があります。

3.秦野駅近のラーメンはジェイタン

卓上には秘伝のすりごまなるものが!

迷わず、かけすぎ部!

3.jpg

「これな!

散歩の途中で、やっぱりラーメン

濃厚なタンタン麺に出会えました。

唐揚げと白米セット!

ゴマもかけすぎ!

(なんか見た目、きな粉みたいだ。。。)」

上記はごまをかけすぎた後にしたツイートです。

ツイートしたように、見た目はきな粉がかかっているかのようになってしまいました。

何処が秘伝なのかはあまり突っ込まず、秘伝のすりゴマを頂きます。

秘伝のすりゴマ以外にも、卓上にはしょうゆ、一味唐辛子、酢、自家製ラー油があります。

味のカスタマイズも手軽に出来ます。

更に、メニューの中にはお疲れ様セット 1000円があります。

内容は、ビールとつまみ2品。

そして締めには少なめのタンタン麺、小坦担麺 450円!

これは夜にも使えそうなお店ですね。

秦野駅でタンタン麺と言ったら、ここですね!

ということでタンタン麺と唐揚げのジェイタン 秦野駅のラーメンはここ!!でした。

ごちそうさまでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。