たまご大好きなぼくが選ぶ、たまごの最高の食べ方5選!!美肌効果もある完全栄養!!

たまご大好きなぼくが選ぶ、たまごの最高の食べ方を5通り紹介します。

たまごは完全栄養ですし、美肌効果も見込めます。

満腹感もありますし、1日7個位食べても全く問題がないスーパー食材です。

ひどく個人的な意見ですが。。。

共感して頂けますと幸いです。

見出し
1.ゆでたまご
2.卵かけご飯
3.玉子焼き
4.タマゴサンド
5.ラーメンに生卵

スポンサーリンク

1.ゆでたまご

ゆでたまごは最強です!!

特に、出来上がった直後でまだ熱いゆで卵、マヨネーズをたっぷりかけて食べるのが好きです。

塩をかけると、小学生の頃の運動会のお弁当を思い出し懐かしい気分になれます。

ラーメン、おでん、煮物、サラダにも応用出来ます。

基本ぼくはゆで卵を作りますが、もし無い場合はコンビニのゆで卵を買って食べることもあります。

味がついていて結構うまいです。

2.卵かけご飯

分かっちゃいるけどやめられないということが誰しもあるかと思います。

ぼくはそのうちの1つに「ラーメン+卵かけご飯」があります。
これ、炭水化物取り過ぎで絶対良くないんですが、やってしまいます。

卵かけご飯にも、良く混ぜる派と混ぜない派があります。

ぼくは混ぜずに卵をおとしタレを少しだけかけます。

その上に鰹節か胡麻か海苔があれば最高です。

ラーメン屋でバイトしてた時は、卵かけご飯にラーメン用のチャーシューと背脂も上に載ってたので旨さが違いました。

3.玉子焼き

玉子焼きも卵料理の中で好きなものの1つです。

結構よくある定食屋チェーン店では普通の玉子焼きの他にも、甘い玉子焼き、生姜入り玉子焼き、ネギ入り玉子焼き等バリエーションが豊富です。

気分に合わせて選ぶことが出来るというのも好きな理由です。

4.タマゴサンド

タマゴサンドは自分で作ります。

パンは、耳の部分をそのままにして、少しだけトーストしたものを使います。

そこにバターを塗ってレタスを敷きます。

その上に、出来上がった直後のまだ温かいゆで卵をスライスして載せます。

そして、粉チーズとマヨネーズをかけて挟めば完成です。

5.ラーメンに生卵

ぼくはラーメンに生卵を入れます。

人に話すと9割方は怪訝な顔をされるのですが、ぼくは好きです。

辛いラーメンの時は、それが少しの舌休めにもなりますし。

また、完全栄養を生で食べることが出来ます。

一寸だけ、普通にラーメン食べるよりは健康的な気がします。

カップラーメンの時も生卵はあれば必ず入れてます。

ということで、たまご大好きなぼくが選ぶ、たまごの最高の食べ方5選!!でした。
またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です