百鬼解読 妖怪の正体とは?多田克己著を読んで鬼体験!!

百鬼解読 妖怪の正体とは?多田克己著を読んでみました。

本を読んだ感想を残したいと思います。

見出し
1.鬼という概念の説明がある
2.それぞれ絵付きでちゃんと怖い
3.鬼の種類に驚愕

スポンサーリンク

1.鬼という概念の説明がある

この、百鬼解読 妖怪の正体とは?には鬼という概念の説明もあります。

本質的なところで、鬼ってこういうものなんだなー。と感じることが出来ます。

2.それぞれ絵付きでちゃんと怖い

百鬼解読 妖怪の正体とは?では鬼が紹介されますが、それぞれ絵付きです。

そして、それぞれの絵がちゃんと怖いです。

結構怖いので、ぼくは夜にはこの本は開かないようにしてます。

3.鬼の種類に驚愕

この百鬼解読には「見たことある!」という鬼も混ざってますが、知らない鬼も多数居ることが分かります。
この本を読むと、鬼体験ができます。
この本は下記から手に入れることが出来ます。


【中古】百鬼解読—妖怪の正体とは? (講談社ノベルス)

ということで、百鬼解読 妖怪の正体とは?多田克己著を読んで鬼体験!!でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です