【自分のためのまとめ】もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ 家入一真著

もっと自由に正直に生きていい
生き抜くために自分の仕事を作る
自分に合う箱がないのなら、作ることもできる。
選ばれるのが嫌なら、選ぶ側に回ればいい。
家入さんの採用基準は面白いやつかどうか
自分の経験を自分の言葉で語れる人間。
会社はやりたいことをやるために人が集まる場所
安定は要らない
安心と満足は、その場所での自分の進化を止める
肩書きは要らない
既存のものさしで測れない「意味不明さ」を持つ
憧れず、参考にする
人とは違う、自分だけのルールを持つ
コンプレックスは最大の武器
一つの側面からの逃げは、もう一つの側面からは立ち向かっていると言える。
♦やりたいこと、やるべきこと、やりたくないこと、この3つの指針
家入さんの場合は、家族と一緒にいる、家族の生活のためのお金を稼ぐ、会社に務める
自分の頭で考えて、考えて、考え抜く。
とことん素直に、人間臭さをさらけ出す。
適度の逃げは生存のスキルだ。
小さくても、何かしら世界を変えられることをしよう。
とりあえず起業してみる。一人ではじめて一人で辞める位がちょうどいい。
👨リスクが無いどころか経験になる!考え方ですね!
三種の神器
熱意、フォロワー、仲間
ストーリーを見せる
自分をメディア化してコアなファンを掴む
自分にできないことは人に任せる
♦自分が欲しいものを形にする(あったらいいな)
🍀アイディアの出し方
あったらいいね
他人との会話
見せ方をかえる
組み合わせる
余っているものを活用
🍀アイディアはスピード勝負、やった者勝ち
🍀サービスを立ち上げたら、自分の中のなぜ?を突き詰める→そのサービスの本質
極限までシンプルに
本質は見失わない
🍀身近な顔が浮かぶあの人に、手紙を書くようにものを作り続ける
♦好きなことをビジネスと掛け合わせてお金を稼ぐことはできる
逆算思考でマネタイズをする
1ヶ月どれだけ稼げたらいい?
そのために1日は?
どういう風にお金を稼ぐか
1日10人に3万円ずつ?1000人に300円ずつ?
出来るだけ単価は安く→後で課金
求めてくれる人がいてはじめてビジネスは成り立つ
業界の常識を知らないことは最大の武器だ。
今までの世代が思いつかなかったことを考える。
失敗を単なる失敗で終わらせない。学ぶのではなく、活用する。
会いたいと思った人に会いに行く、やりたいと思ったことをする。
♦天才は居ない、どれだけ動いたか?
人と会うとアイディアが生まれる
動き回って吸収した後は、一人になり整理する時間も必要。
👨自分にインストールするイメージかなー?
♦悪ふざけしてみる
既存のルールに疑いを持て。
多様な仕事の選択肢を持て。
会社以外の仕事を作って自由になる。
収入は1つだけだと危険、複数もつ!生活コスト下げるという手もあり。
シンプルに。依存しない。
自分商店化のすすめ
人生は実験。壮大な実験だと思っている。
実験と考えたら失敗すらポジティブなものになる。
やり方は白か黒かじゃなくてもいい。分けなくていい。
時代に合わせて、変わっていく。
仕事とプライベートを一緒にしちゃえばいい。
遊ぶように働き、働くように遊ぶ。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です