大丈夫。ぼっち飯してても、いずれは誰かと飯を食うことになる。

クラスでぼっち飯をしている方にお伝えします。
現状ではぼっち飯かもしれませんが、いずれは望むか望まないかに関わらず、誰かとご飯を食べることになります。
その具体的な例をお伝えします。
この記事は実体験に基づいています。
見出し
1.職場
2.家庭
3.仲間
スポンサーリンク

1.職場

一人で完結できて、人と関わらなくてもいい仕事以外はだいたいの職場に人が居ます。
仕事が業務時間内に終わりそうもない時、緊急を要して何かを決めなければならない時は「ランチミーティング」なるものが開催されることもあります。
これは、ランチをしながら会議をするというものです。
望むか望まないかに関わらず、仕事の一貫なので必須で出席することになります。

2.家庭

自分の家庭を持ってその家族と一緒に暮らしている場合、少なくとも1日に1回は家族とご飯を食べる機会があります。
そして、休日になると家族で外食に出かけるのが普通になって来ます。
むしろ、一人でご飯を食べるという機会自体がなくなって来ます。

3.仲間

今ぼっち飯でも、それはクラスや学校といったすごく限られた空間の中でだけです。
学校を卒業したり、学校以外のコミュニティに入ると自然と仲間が増えていきます。
仲間が増えると、一緒にご飯を食べたりすることが当たり前になります。
ということで、大丈夫。ぼっち飯してても、いずれは誰かと飯を食うことになる。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。