ギターソロが上手く出来るようになるコツのようなもの。

おはようございます。
k2です。
ぼくの経験から音楽的なコツのようなものを、何回かに分けてご紹介させて頂いております。
完全に自己流ですので
皆様のためになるかどうかは分かりません!!
そして、完全に勝手に書いている記事ですので悪しからず。。。
わずかでも、皆さんの音楽活動の何かしらのヒントになれれば幸いです。
スポンサーリンク
本日は、表題にもあります通り
ギターソロが上手く出来るようになるコツ のようなものをお教えしたいと思います。
前回の記事と同様
これも、残念ながら、、、
簡単にギターソロを上手く弾けるようになる手段というのは存在しないです。。。
地道に練習をする他ないのです。
ただ、
ギターソロを上手く聴かせるコツっているのは存在します。
この記事の表題を見ていただくと
「ギターソロが上手く出来るようになるコツ のようなもの」
となっていますよね
ギターソロが上手く弾けるようになるコツ ではなく
ギターソロが上手く出来るようになるコツ
お教えしたいと思います。
なんだか、まわりくどいですが。。。
そのコツとは
「顔」です。
もっというと「表情」です。
もはや演奏ではなく、完全に、演出です。
はい。
ギターソロはどれだけ正確に音を出せるかではなくて
どれだけカッコいいかっていう方が大切だとぼくは思います。
ギターソロで一瞬でも良いから顔を上げて音のイメージを顔の表情で伝える。
フレーズが激しいのであれば、激しい表情
フレーズが悲しいのであれば、悲しい表情を、、、
例えば30分のライブであれば
ギターソロなんてその1/10の3分だけだったり
もっと少ない場合もあります。その短い尺の中で、
音が1音ずれていたとか
ピッキングハーモニクスが上手くいかなかったとか
ミスピッキングしてしまったとか
ライブハウスに聞きに来てくれる子たちは
それほど気にしてないんですよね。
それよりも、
ギタリストにスポットライトが当たる、そのわずかな時間にどれだけカッコよくいられるか。。。
もちろん、バンドメンバーにはちょっと言われるかも知れませんけど
サビの入りがずれたとか、
キメが出来なかったとかなら、これはバンドとして大問題で
ぼこぼこに言われても文句言えないですけど、
ギターソロはあくまで主旋律、ってか個人プレイなので
メンバーもそこまで強くは責めてこないと思いますよ。
勿論、ギターソロを完璧に弾いて、しかもカッコいいっていうのが一番
ギタリストであればそこを目指すべきだと思うのですが。。。
やっぱり、ギターが上手くなるにには地道な練習以外にはないのですが。。。
表情だったら、すぐに実践できますよね。
ギタリストの方、試してみてもいいかも知れません。
ということで、ギターソロが上手く出来るようになるコツ のようなものでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です