ソバーキュリアスのデメリットは1つだけでしたよ。

ソバーキュリアスのデメリットは無いのではないか?

でも、よーく考えてみたら、デメリット1つだけありましたよ!

ぼくは3ヶ月の断酒を経験し、現在はとことん飲む日だったり、一滴も酒を飲まない日だったりを行ったり来たりしています。

ソバーキュリアスは「基本酒は飲まない。気分によっては少量飲むこともある。」というライフスタイルです。

ぼくは、「飲まない日は一滴も飲まない。飲むと決めた日はとことん飲む。」という生活ですので、ソバーキュリアスとは一寸違うんですよ。

そんなぼくですが、ソバーキュリアスのデメリットを考えてみることにしたんですよ。

ソバーキュリアスのデメリットは1つだけありました。

ぼくの自己紹介は下記です。

・借金してまで昼から酒を飲む酒カス
・3ヶ月の禁酒を成功させる
・お酒と適度な距離が保てるようになる
・借金完済
・経験をもとに禁酒マニュアルを販売
・歩いて稼ぐアプリ公式インフルエンサーになる
・ボクセルアートコンテスト優勝
・FP3級取得(FP2級取得見込み)
・ビットコインを年利10%で運用+アルトコインで億り人目指す
・不労所得、ポートフォリオ所得増加中

見出し
1.ソバーキュリアスのデメリット①お酒をとことん飲めなくなる
2.ソバーキュリアスのデメリットよりもメリットの方が多いという

スポンサーリンク

1.ソバーキュリアスのデメリット①お酒をとことん飲めなくなる

ソバーキュリアスは「基本飲まない。気分によっては少量飲む。」というライフスタイルです。

全く飲まない断酒とは違います。

また、能動的に「飲まない」という選択をしているのも特徴。

能動的に飲まないのだから、お酒を我慢する禁酒とも違いますね。

ソバーキュリアスのたった一つのデメリットとは、とことんお酒が飲めないことです。

前述の通り、ソバーキュリアスは一滴もお酒を飲まないわけではありませんが、気分によっては「少量」飲みます。

この「少量」ッ!

「少量飲む」ということがいかに難しいかッ!

ようは、お酒飲み始めのほろ酔いの段階で、お酒をセーブするということですね。

ソバーキュリアスは少量のお酒で「もう結構。」と言う風にお酒を飲むのをやめられる生活です。

ぼくがソバーキュリアスの生活を実践できないのも、この理由。

飲まない日を作ることはできます。

飲む日と飲まない日を、完全に分けることはできるんですよ。

ただ、飲むと決めて一度酒を飲み始めると、その日は完全にとことん酒を飲む日となります。

ぼくの場合は、おおよそビール3リットル位ですね。

「少量」飲むくらいなら、最初から一滴も飲まない。

ぼくがソバーキュリアスを実践しようとすると、これがただ一つのデメリットになります。

少量でやめる。

少量で我慢するということが、ストレスになってしまうッ!

一回だけ、350mlだけ飲んで辞めてみたことがあるのですが、酔うというよりは逆に頭が冴えてしまって眠れないし散々だった記憶があります。

それなら、一滴も飲まない方が寝付ける。

だからぼくは、ソバーキュリアスにはならないと思うんですよ。

全く飲まないか、とことん飲むか。

0か1です。

0.1とか0.2とかはできないッ!

2.ソバーキュリアスのデメリットよりもメリットの方が多いという

ソバーキュリアスのデメリットを他にも考えてみましたが、思いつきませんでした。

デメリットよりも、ソバーキュリアスのメリットの方が多く思い浮かびます。

お酒は、脳からドーパミンを出す作用が付随している「ただの毒水」です。

毒水はそもそも飲まない方がいい。

だから、ソバーキュリアスの「基本飲まない、飲んでも少量だけ」というのは理にかなっているかと。

アルコールの毒は体に蓄積されて、放出されることはないという説もあります。

そんなん、体に入れて言い理由がありませんよね。

ぼくの場合、禁酒を成功させたのですが、健康面ではあまり実感がありませんでした。

毒水を飲んでいても健康だった人は、毒水を飲まなくなっても健康なので、あまり差が分からないという。

一つだけあったのはお金の面ですね。

確実にお金は残ります。

余剰資金が生まれるんですねー。

この余剰資金を投資に回すという選択肢が出てきたんですよ。

ぼくはFNCTという仮想通貨のIEOに参加して、27,000円位儲かりました。

まだお金が余るので、ビットコインを年利10%で複利運用もできるようになりました。

もったいぶらずに方法だけ教えてほしいという方は、下記に方法を公開していますよ。

PBRレンディングをコインチェックから始める方法

年利10%で増えるなんて、銀行じゃあありえないですよね。

でも、仮想通貨、ビットコインの分野であれば実現可能です。

このように、ソバーキュリアスのメリットはお金の面で確実にあります。

余剰資金が生まれるので、その余剰資金を使って更にお金を稼ぐことができます。

節税効果もあるのもポイントです。

缶の生ビールの定価の4割が税金です。

それに更に消費税が加算されて2重の税金苦ですよ。

もはや、飲むために納税しているのか、納税するために飲んでいるのか。

でもまぁ。

「ソバーキュリアス」という言葉に振り回されず、型にはまらずに、じぶんの好きなようにお酒と付き合うのが一番いいのかとも思います。

それを言っちゃあ。。。

と言われそうですが。

ですので、ぼくは完全なるソバーキュリアスにはなりません。

また、お酒は「まだ」やめる予定はないです。

ソバーキュリアスっぽい生活というのは出来ると思います。

一滴も酒を飲まない日を作って酒以外の楽しみを実感する日と、お祝い事とかで嬉しい気持ちでとことん飲む日と、っていうのを行ったり来たりする生活は、今後も続いていくかと思います。

ストレス発散のために飲む、というのも、たまになら良いかも知れませんね。

何事もバランスかと。

借金までして昼から酒を飲んでいた過去があったらこそ、今日と言う日が素晴らしく思えています。

これって、お酒を飲んでいても、飲まないでいても変わらないんですよ。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました