ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由を調べて考察してみた

ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になる?!

世界統一通貨なんて存在し得るのだろうか。

そんな疑問にお答えします。

結論、ぼくはステラルーメン(XLM)は世界統一通貨になり得ると思います。

ただ、全部の通貨の単位がステラルーメン(XLM)になるという意味ではありません。

この辺りは本文で解説します。

ステラルーメン(XLM)は世界統一通貨になり得るのか?

結論、なり得るとぼくは考えます。

その理由をお伝えします。

また、ぼく独自の考察も付け加えます。

ステラルーメンは現在、コインチェックで購入可能です。

まだ口座を持っていない方は、準備として登録だけは済ませておきましょ。

コインチェック

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催、借金200万円完済
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 柴犬コイン、ステラルーメンをガチホしながら、ビットコイン年利10%で運用中

見出し
1.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由
1-1.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由①決済の速さと安さ
1-2.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由②人口が多い地域をターゲットにしている
1-3.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由③非営利団体ステラルーメン財団の運用
2.1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました
3.ステラルーメン(XLM)をコインチェックで買う方法

 スポンサーリンク

1.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由

ぼくは、ステラルーメン(XLM)は世界統一通貨になり得ると思います。

その理由は下記3つです。

①決済の速さと安さ
②人口が多い地域をターゲットにしている
③非営利団体ステラルーメン財団の運用

ただし、すべての国の通貨がステラルーメンになって、XLMがお金の単位になるとは思っていません。

「ブリッジ通貨」としてステラルーメン(XLM)は世界で統一された通貨になり得ると思います。

「ブリッジ通貨」とは、円からドル、ドルからトルコリラ、トルコリラからアルゼンチンペソと、異なる通貨の橋渡しになる役割を持つ通貨です。

・円からステラルーメン(XLM)にして、ドルにする
・ドルからいったんステラルーメン(XLM)にしてから、トルコリラにする
・トルコリラからステラルーメン(XLM)にしてアルゼンチンペソにする

といったような使われ方です。

現在、国際間の送金は両替しなきゃいけないし、着金までめちゃ時間がかかるし、複数の機関が絡むので手数料も高いしで、問題が山積みです。

この問題を解決できる可能性があるのが、ステラルーメン(XLM)だとぼくは思います。

ステラルーメン(XLM)はブリッジ通貨として、世界統一通貨になり得るとぼくは思うのです。

でも、まだまだ普及には時間がかかると思います。

まだまだ仮想通貨、暗号資産というものは信用されていない側面もあります。

仮想通貨は無数に存在し、残念なことにその一部は詐欺だったり、無価値だったりするものも含まれちゃってます。

一事が万事ということで「仮想通貨は怪しい」「ビットコインは絶対に手を出さない」という層の方が日本では多いかと。

ただ、2024年1月10日にようやくビットコインETF承認されて、社会的にも認められる兆しが出てきました。

でも、まだまだ普及には時間がかかりそうですねー。

長い時間がかかりそうですが、ぼくはステラルーメン(XLM)は世の中に浸透していくと思っています。

その理由を下記に深堀します。

1-1.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由①決済の速さと安さ

ステラルーメン(XLM)は決済に大きな強みを持っている通貨です。

決済の速さは2~5秒。

一瞬です。

日本からドイツへの送金も、一旦ステラルーメン(XLM)にしてから送金すれば2~5秒。

待つことはありません。

同じ仮想通貨のビットコインでも送金には10分程度かかりますから、この速さは最大の特徴と言えます。

また、送金手数料は0.00001XLM(約0.00113円)とめちゃくちゃ安いです。

今まで海外送金で高い手数料を払っていて、なおかつ何日もかけて待っていたのが、何だったのだろうと思えてきますよね。

日本円からステラルーメンを買えるのは、コインチェックです。

下記から10分程度で登録完了です。

コインチェック

1-2.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由②人口が多い地域をターゲットにしている

ステラルーメン(XLM)は世界統一通貨を目指していますが、その切り口も素晴らしいです。

東南アジアやイスラム圏、アフリカ等をターゲットにしているんですねー。

これは、貧困で銀行口座を持てない人でも、送金、貯金、運用、お金の貸し借りを出来るようにするというヴィジョンです。

東南アジア、イスラム圏、アフリカはただでさえ人口が多いです。

子どもの数も多いし、若者の数だって多い。

人口の多さって、競争力とイコールだと思うんですよ。

だから、人口が多い地域でメジャーになれば、あっという間に世界シェアの比率が高まると。

ステラルーメン(XLM)の目の付け所が素晴らしいですねー。

例えば、銀行口座を持っておらず貧困層に生まれたイスラム圏に住む男の子が、実はボクセルアート制作の才能がめちゃくちゃあったとするじゃないですか。

その才能を生かして、アメリカのゲーム制作会社に多大な貢献をしたとしましょう。

報酬は、ステラルーメン(XLM)です。

スマホとWi-fiさえあれば着金可能。

もしかしたら、イスラム圏ではステラルーメン(XLM)が法定通貨になっているかも知れませんね。

実際に、ビットコインはエルサルバドルと南アフリカ共和国で法定通貨になっていますし。これと同じ感じで。

才能を持った若者は、イスラム圏では到底稼げない額のステラルーメン(XLM)を稼げるようになる。

そして、貧困で苦しんでいたイスラム圏の経済も発展していく。

たとえ貧困な場所に生まれても、人生には這い上がるチャンスがある。

これは完全なるぼくの想像ですが、ありないことではないと思うんですよ。

1-3.ステラルーメン(XLM)が世界統一通貨になり得る理由③非営利団体ステラルーメン財団の運用

ステラルーメン(XLM)を運営しているのは非営利団体ステラルーメン財団です。

仮想通貨は分散型での運営というのが大きな特徴ですが、ステラルーメン(XLM)はこの例とは全く外れています。

中央集権型で、ステラルーメン財団が一挙にその運営をしているんです。

それじゃ法定通貨や銀行と同じかと思いきや、ステラルーメン財団は非営利団体なんですねー。

勝手なイメージですが、ステラルーメン(XLM)の安全安心な運営のために尽力することだけやってくれそうです。

財団の利益や私欲は横に置いといて、まずはステラルーメン(XLM)を安全に保とう!と。

これが国や政府、企業だとそうはいきませんね。

予算があり、それを達成するためという目標も同時に存在します。

本来の目的を忘れちゃっている残念なケースも多々ありますよね。

非営利団体だからって100%とは言えませんが、信頼性はあると思うんですよ。

2.1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました

ぼくはステラルーメン(XLM)を保有しています。

2,500XLM。

1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました。

これは、ステラルーメン(XLM)の未来に期待しているから。

株と一緒ですね。

伸びると思う銘柄に投資しておくという。

その価値が2倍、3倍になればいいなーなんて思っています。

でも、どう考えても便利で現在の国際送金の問題を一掃してくれるので、めちゃ未来は明るいと思うんですよ。

全然話題になっていないのは、まだ知られていないだけだと。

そう考えると、もう一寸、投資金額を多くしても良いかななんて思えてきます。

今のところ、大きなプラスにも、大きなマイナスにもなっていません。

しばらく様子見で保有しておこうかと思いますよ。

もしステラルーメンで利益がでたら、コインチェックから日本円にするという手順を踏みたいと思います。

日本円への手数料は407円かかりますが、まとめて送金すれば、そこまで高くはないと思うんですよ。

コインチェック

3.ステラルーメン(XLM)をコインチェックで買う方法

ステラルーメン(XLM)をコインチェックで買う方法は下記3ステップです。

①コインチェック口座開設

まずはコインチェック口座開設です。

コインチェック

上記からサクッと登録可能ですよー。

仮想通貨取引所の口座は様々あります。

ぼくは現在4つの取引所を使い分けていますが、初心者には断然コインチェックがおすすめです。

その理由は、簡単、わかりやすいところ。

そして、ぼく自身も初めてのビットコインの購入はコインチェックの「販売所」で一瞬で手に入れたからです。

コインチェックの中には、ビットコインを手に入れる方法が2種類あって「販売所」と「取引所」に分かれます。

・一寸手数料が乗って割高だけど、一瞬でビットコインが買えるけど「販売所」
・原価でビットコインが手に入るけど、市場の投資家と計算とか駆け引きをしながら取引をする「取引所」

初心者は圧倒的に前者がおすすめです。

ぼくも初めてビットコインが欲しいと思った時「取引所の方がが安いんでしょ?」と思って始めましたが、一向にビットコイン、手に入りませんでしたよ。

今でこそ「取引所」のヘビーユーザーですが、当時は難解すぎて挫折しかけました。

高い手数料も「時間を買って、一刻も早くビットコインを手に入れることが第一」という発想で「販売所」でサクッとビットコインを手に入れたのでした。

その後、当時あったVALUというサービスで問題なくビットコインを使えたのでした。

コインチェック

上記から10分ほどでサクッと登録可能です。

実は、コインチェックの登録自体は10分程度ですぐ終わります。

でも、登録してから口座開設されるまで、待ち時間があるんですねー。

2~3日は待ち時間なので、ステラルーメン(XLM)今すぐ欲しい!という気持ちの時には、これがまた長く感じますよ。

アルトコインはその価値が0円になるリスクがつきものです。

だから、もし仮に無くなっちゃっても困らない金額で買うようにしましょ。

下記には、コインチェックの口座開設の方法を分かりやすく解説しています。

コインチェックで口座開設する方法を簡単に解説ッ!

是非、ご参考にして頂きステラルーメン(XLM)を購入する準備をしてみて下さい。

ぼくは、ステラルーメン(XLM)は「ブリッジ通貨として」世界統一通貨になり得ると思います。

その理由は

①決済の速さと安さ
②人口が多い地域をターゲットにしている
③非営利団体ステラルーメン財団の運用

です。

実際、1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました。

最後に、ステラルーメン(XLM)をコインチェックで買う方法もお伝えしています。

ステラルーメン(XLM)はまだあまり知られていません。

でも、未来は明るいと思うんですよ。

コインチェックの登録だけであれば10分程度で完了します。

下記から、サクッと登録しちゃっときましょ。

コインチェック

注意点としては、登録してからすぐには取引ができないということ。

時間がある今のうちに、登録だけでも済ませておきましょ。

このブログが何かしらのお役に立てましたら幸いです。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました