PBRレンディング返還申請と手数料!その方法と100日やった結果は?

PBRレンディングの返還申請について知りたい。

PBRレンディングの手数料等、注意点について事前に知っておきたい。

そんなご要望にお答えします。

このブログでは、PBRレンディングの返還申請の方法、手数料等の注意点をお伝えします。

ぼく自身、PBRレンディングは100日間レンディングした経験があります。

実体験からお伝えしますね。

結論、ぼくの場合、ビットコインを約0.29BTC預けて、返還手数料は 0.0008BTCでした。

1BTC = 600万円とすると、180万円預けて4,800円の手数料です。

手数料だけ見ると、4回分手数料が無料のビットレンディングの方が良さそうですね。

年利8%ですが、これは預けるビットコインの量にもよるかと思います。

下記は、ビットレンディングの公式サイトです。

ビットレンディング公式HP

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 PBRレンディング、ビットレンディングで運用

見出し
1.PBRレンディング返還申請の方法
1-1.「返還申請」を選択
1-2.送付先アドレス、数量の入力
2.PBRレンディング返還申請の注意点
2-1.手数料がかかる
2-2.実際に変換されるまで時間がかかる
3.ぼくがビットコインを100日預けた結果

スポンサーリンク

1.PBRレンディング返還申請の方法

PBRレンディング返還申請の方法は大きく分けて2つです。

1.「返還申請」を選択
2.送付先アドレス、数量の入力

送付先アドレスを間違えると返還されませんので、落ち着いた状態で返還申請をすることをおすすめします。

1-1.「返還申請」を選択

まず、PBRレンディングにログイン。

返還したい仮想通貨を選択して、詳細のページに飛びます。

ページの下に「返還申請」のアイコンがあるのでこれを選択です。

1-2.送付先アドレス、数量の入力

返還申請画面になったら、2つの入力項目を入力します。

・Address

送金先のアドレスです。

ウォレットや仮想通貨取引所のアドレスをコピペします。

アルファベットと数字の羅列なので、必ずコピペ、そして目視でも間違っていないか確認です。

・Spend

返還したい数量をここに入力です。

返還可能数量も書いてあるので参考にしましょ。

これで返還申請は完了です。

返還申請をした後は、これまで毎日ついていた利息は付かなくなります。

この後、PBRレンディングが確認、約1~2ヶ月ほどで返還されます。

PBRレンディングは画面が見やすいので、返還方法も迷うことがないと思いますよ。

まだPBRレンディングの画面を見たことがない方は、下記から見てみて下さいね。

PBRレンディング

2.PBRレンディング返還申請の注意点

PBRレンディング返還申請の注意点は2つ。

1.手数料がかかる
2.実際に変換されるまで時間がかかる

2-1.手数料がかかる

返還には手数料がかかります。

ぼくの場合、ビットコインを約0.29BTC預けて、返還手数料は 0.0008BTCでした。

1BTC = 600万円とすると、180万円預けて4,800円の手数料です。

事前に手数料を知りたいという方は、返還申請画面で確認もできます。

なお、ビットレンディングは返還手数料は4回まで無料です。

ビットレンディング公式HP

ぼくはビットレンディングも同時進行でやっていますが、1月分の利息がついた段階で、ビットレンディングの方も、一度返還申請してみました。

PBRレンディングが返還まで時間がかかるのに比べて、7営業日10日くらいで戻ってくるのは安心感がありますね。

ビットレンディングの始め方については下記をご覧下さい。

ビットレンディングの始め方!コインチェックから簡単に

2-2.実際に変換されるまで時間がかかる

返還に時間がかかるのは、PBRレンディングの最大のデメリットとも言えますね。

PBRレンディングでは、返還されるまで最短1ヶ月と数日、最大だと2ヶ月かかります。

ここは注意ですねー。

更に、返還申請をしたとしても、その後、PBRレンディングが返還請求を受理するまでにも時間がかかります。

7日間かかることもあるとのこと。

・返還申請→約7日間→返還請求受理→翌月末から10営業日以内に着金

サイト上にも

「当社が返還請求を受理した翌月末から10営業日以内にお客様ご指定のアドレスのウォレットに着金します。」

とあります。

返還申請した時ではなく、PBRレンディングが返還請求を受理した月の翌月末から、10営業日以内です。

ぼくはこれを勘違いしていました。

返還申請のタイミングが起点だと思って、1月末の25日に申請、3月上旬には帰ってくると思ってたんですよ。

実際にはPBRレンディングが確認した月が起点です。

1月ギリで確認されるか、2月に確認されるかで、返還の時期が1ヶ月変わってきます。

ビットレンディングは申請から1週間程度で返還されるので、こちらについてもビットレンディングの方が使い勝手がいいですね。

ビットレンディング公式HP

でも「100日間何もしなくて」ビットコインが増えたので、これは嬉しいことには変わりありません。

3.ぼくがビットコインを100日預けた結果

ここからは実体験です。

ぼくがビットコインを100日預けた結果について。

下記はまとめです。

BTC
貸借率  10%/年
利息合計 0.00754568BTC
元本比率 102.538287%
貸出数量 0.29727449BTC
返還数量 0.30482017BTC

約0.29BTCを年利10%で100日間預けました。

最終的に、合計が約0.3BTCになりましたよ。

メイン画面では上記のように確認ができます。

返還時には、ここから手数料が引かれるので注意ですね。

返還手数料: 0.0008BTC

最終的な返還数量は下記です。

返還数量: 0.30401999999999996BTC

1BTC = 600万円の場合、178万円を預けて、返還手数料4,800円引かれて、最終的には182万円。

100日で4万円分増えたのでした。

300日だったら約12万円、365日だったら約17万円増えるという計算ですね。

やっぱり年利10%はすごい!

返還手数料引かれる前は2.5%UP、引かれた後は2.2%UPです。

2024.1.25に返還申請。

コインチェックが何かと使いやすいので、コインチェックを送金先にしました。

ビットコインをメインで取引するのであれば、海外の取引所とかじゃあなく、コインチェックだけでもじゅうぶんかと。

実際にぼくは、ビットコインETF承認前の高騰で15日で1万円増やしたことがあります。

この時使ったのは、コインチェックだけでした。

詳細は下記です。

ビットコインETF承認期待で9万円が10万円になった!

まだコインチェック口座持っていない方は、下記からサクッと登録できますよ。

コインチェック

新規銘柄のIEO企画やSANDBOXとのコラボ、メタバースプロジェクトとの連携もしているので、イベントや新しいものが好きな方にもおすすめです。

5日後の1月30日にログインしてみると「セキュリティの関係で確認まで7日間かかることがあります」という文言が。

これは想定外でしたよ。

返還申請のタイミングではなく、PBRレンディングの確認のタイミングが起点となります。

1月31日までに確認が終われば、想定通り、2月末を経て3月上旬には返還されます。

もし、1月31日までに確認されない場合、2月確認、翌月末の3月末を経て、4月上旬になってしまうんですねー。

丁度半減期で、何かとビットコインが動く時期にかぶってしまいます。

やっぱり、入り口から出口まで、一通り体験してみるのって大切だなと再確認できました。

これも経験。

次に活かします。

・24.2.1

PBRレンディングにログインすると、下記の文言がありました。

「返還申請受け付けました。
0.30482BTCをご指定のアカウントへ送付します。(セキュリティチェック後、順次送付するため、送付には7営業日程度かかる場合がございます。ご了承ください。)」

今から7営業日という風にも捉えられる文言ですね。

返還申請の決まりが「申請受理後、その月の翌月末から、数日後の営業日」だと思っていましたが。

「申請受理後、その日から7営業日」に変わった?

謎なので、もうしばらく待ってみようかと思います。

・2024年2月8日

現在、PBRレンディングの画面は、返還申請をしてから変わっていません。

ビットコインの詳細を見ると、2月も利息がついているように見えてしまいます。

「これは、2月に申請受理、4月初旬に変換と言うことか?」

と思いましたが、静観しています。

・24.2.9

コインチェックから0.3BTC入金されたというお知らせがありました。

これはPBRレンディングからの送金です。

あれ?

2024年1月25日に返還申請、2024年2月9日に返還されました。

15日後です。

返還の決まりが、「PBRレンディングが返還受理してから7営業日後」に変更されたということですね。

知らぬ間にッ!

PBRレンディングのデメリットが1個無くなりましたねー。

ちなみに、ぼくはPBRレンディングとビットレンディングを同時進行でやっていました。

体験から、その比較をしてみた経緯は下記です。

PBRビットレンディング比較

どちらにせよ「なにもしなくても」ビットコインが増え続けるというのは、なかなかいいものですよ。

PBRレンディングは下記からサクッと登録可能です。

PBRレンディング

もし、コインチェックの口座を持っていないのであれば、下記からサクッと登録可能ですよー。

コインチェック

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました