Twitter制限3日の原因は何?!実体験からお伝えします!!

Twitter制限3日の原因は何?!

実体験からお伝えします!!

見出し
1.Twitter制限3日の原因は何?!実体験からお伝え!
2.Twitter制限3日中の見え方と共感の声について
3.Twitter制限3日はつらい!制限されないための心がけ
3.もっと恐いアカウント凍結の話とアカウント凍結解除した方法

スポンサーリンク

1.Twitter制限3日の原因は何?!実体験からお伝え!

🍀また!

♦ぼくは人ですよー!!

♣ふぁぼも、リツイも出来ないなんてッ!

あーんまーりだァァァァァアッ!

Twitter制限3日の原因は何?!

実体験からお伝えします。

Twitterが制限されています。

という表示が出て、びびってすぐ「Twitterを再開」というボタンを押してしまいました。

結果、3日間の制限がかかっている状況でTwitterやっていましたよ。

原因はなにか?!

思い当るふしは下記でした。

🍀Twitter制限中です。

♦ふぁぼが出来ない!「ロボットアカウントと思われます」と出るのみです。

♣原因はこれかと

15分以内にメンション付きのツイートを全50人に送っていました。

投稿が早すぎてロボットと間違えられたと予測ッ!!

・50名のメンション付きのツイートを5分という短時間で一斉に紹介してしまっていた
・特定のワードが入ったツイートをしすぎた
・@を付けて一方的に何度かツイートしていた
・このトピックスに興味ありそうな人のツイートを探してふぁぼをしていった

上記なのかと。

特にメンションの速さがロボットに間違えられた最大の原因かなぁと。

ぼくは似顔絵を描いてTwitterに連続してアップした時もロボットに間違われたことがあります。

今回も、「異常に多く」特定のツイートをしているということでTwitter社さんの警備ロボットに引っ掛かったんですねー。

2.Twitter制限3日中の見え方と共感の声について

ふぁぼが出来ない!

ふぁぼしようとすると「コンピュータによる自動的なものと判断されました」

ふぁぼ出来ない!!

ぴえん。

見え方について聞いてみましたよ。

「特に変わりは御座いませんが」

(流眠さん)

Twitter制限中でも見え方は変わらないんですねー。

バグ説というのも。

「あ、わたしもなりました!
Twitterのバグもありそう」

バグかと思うと気が楽で嬉しいリプでしたねー。

でも、ぼくは思い当るふしがありましたよ。

共感して頂いた方々の声もこちらに。

「自分はよく制限かかるんですが、いいねやリツイートやフォローを、一度に連続して大量にしまくりすぎると、

ツイッターのほうに誰かからの報告が行くのか、それとも自動で判定されるかわかりませんが、

お前は機械や自動化操作やスパムやロボットなんじゃないかって疑われちゃうみたいに思いますね。」

(未設定さん)

よく制限がかかる常連さんからのアドバイス!!

これはためになりますねー。

3.Twitter制限3日はつらい!制限されないための心がけ

Twitter制限3日はつらい!

制限されないための心がけをここで共有します。

・メンション付きのツイートは高速でツイートしない
・ふぁぼを高速でしない

問題は早さかと思うんですよ。

ぼくの仮説ですが。

ぼくは以前にもロボットに間違われましたけど、その時も高速で似顔絵をアップしていたという心当たりがあります。

今回は確かに、50アカウントのメンションを5分以内にするというのは明らかに目立つ!w

Twitter制限されないためにも「人」っぽい動きをすることが大切ですね。

4.もっと恐いアカウント凍結の話とアカウント凍結解除した方法

Twitter制限よりもっと恐い!!

アカウント凍結の話とアカウント凍結解除した方法も共有しておきます。

凍結中に作った動画です。

悲壮感が前面に出ているッ!w

やっぱ凍結は孤独ですよ。

万が一凍結なってしまってもTwitterさんは話せばわかってくれます。

その方法を実体験からまとめた文章は下記です。

どんなことをすると凍結されてしまうのか。

上記が網羅されています。

また、いざ凍結になってしまった際のマニュアルとしても使えますよ。

Twitter凍結解除方法!実体験!異議申し立ての例文~どれくらいかかるのか?

楽しいTwitterライフを!!

ちな、ぼくは主にTwitterに居ますのでリプくださいねー。

またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です