チンポジ調整が必要な散歩はダメ。チンポジとは、真ん中にあるべき!

チンポジ調整が必要な散歩はダメ。
チンポジとは、真ん中にあるべき!
チンポジは、自然な状態で。
これは人生にも言えることです。
外界がちんぴょろすぽーんッ!!
でも、違和感を感じたら立ち止まって直す。
外界と他人は変えれないけれど、じぶんの人生と、じぶんのチンポジだけは変えることが出来る。
見出し
1.チンポジ調整が必要な散歩はダメ
2.違和感を感じたら立ち止まって直す。外界はちんぴょろすぽーんッでも!
3.チンポジを直す必要がある人の特徴
スポンサーリンク

1.チンポジ調整が必要な散歩はダメ

チンポジを気にしすぎてしまう散歩はダメです。
チンポジ調整が必要な状態では、散歩できない。
それは散歩とは言えないです。
散歩は本来、何も気にせず、柔軟な思考をし、体も人として自然な状態にあることを言います。
チンポジを気にしすぎてしまうと、散歩が散歩ではなくなってしまう。
チンポジの調整が必要なんて、もっての他。
だから、チンポジを気にしすぎてしまう散歩はダメなのです。
チンポジも自然な状態で、何も意識することない。
チンポジは、真ん中ですね。
これこそが、散歩だと言えます。
散歩は人として自然な状態でする。
これこそが「じぶんの散歩」です。
誰かの散歩に付き合っている暇はない。

2.違和感を感じたら立ち止まって直す!外界がちんぴょろすぽーんッ!でも!

「🍀ちんぴょろすぽ~ん!は何なのか謎のままですが
♦チンポジを気にしすぎてしまう散歩はダメですね。
♣立ち止まってチンポジを直す。
♣すなわち、チンポジも自然な状態で散歩をすること。
🍜人生においても一緒
📕やってることに違和感があるなら、一寸考えて、別の向きにした方がいい。」
チンポジと散歩の関係性は、行動と人生の関係性に似ています。
それはどちらも、違和感があるなら立ち止まって直す必要があるというところです。
人生の中で、自分がしている行動に違和感があるのは良くない。
例えば下記も当てはまります
・付き合っている人
・お金の稼ぎ方、増やし方、使い方
・じぶんの健康状態
・時間の使い方
・他人の常識を押し付けられている時
違和感があるのなら、きちんと立ち止まる。
そして違和感がないと思われる方向へ、調整する。
変えられるのは、じぶんの今とこれから、そしてじぶんのチンポジだけです。
散歩の途中に違和感を感じて、チンポジを調整するように。
そして、じぶんにとって自然な方向へ歩いていく。
これこそ、じぶんの人生と言えるのではないでしょーか。
ぼくはじぶんの散歩を続けます。

3.チンポジを直す必要がある人の特徴

ここからは、チンポジの調整が必要な人の特徴をあげていきます。
「違和感あるなら、チンポジ直しましょう。
♦ぼくは過去に、違和感あってもチンポジ直せない人でした。
♣周りの期待に応えて、無理してしまう
♣好きでもないのに、みんなと同じようなことをする
♣身近な人の、固定観念の通りにふるまう
🐠チンポジは直せるんだッ!」
上記に集約されています。
・周りの期待に応えて、無理してしまう
・好きでもないのに、みんなと同じようなことをする
・身近な人の、固定観念の通りにふるまう
違和感があるのに、直さない。
「🍀チンポジ直すべき人の特徴
♦周りに合わせてなんとなくで歩いている
♦これおかしいんじゃね?と思っても歩いている
♦歩く場所違うのかも?と思いながらも歩いている
🐠一寸でも違和感があるのなら立ち止まってチンポジ直すッ!
📗ぼくも過去はチンポジ直せなかった」
ぼくも過去には、違和感を感じていてもそれを直すことが出来なかった人です。
でも、今は違うッ!!
チンポジは直せるッ!!

もう一寸、散歩を深堀りしているのは下記文章です。
読んでいただけると、嬉しいです。
ということで、チンポジ調整が必要な散歩はダメ。チンポジとは、真ん中にあるべき!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です