サラリーマンはお得!安定収入のありがたみ!心の余裕も少しある。肯定〜

ぼくはサラリーマンを肯定します。
安定収入のありがたみ!
心の余裕も少しある。
見出し
1.毎月決まった額が入ってくるありがたみ
2.社会のルールではサラリーマンはステータス
3.サラリーマンは1つの収入、テレビにも出ていい
スポンサーリンク

1.毎月決まった額が入ってくるありがたみ

ぼくは事業を起こそうとしたものの、収入が全くなかった時期を経験したことがあります。
勢いでフリーランスになる。
勢いで収入を自ら断ちました。
聞くとかっこいいですが、実際にぼくはやってみて失敗しました。
これは金銭的な面だけではなく、一寸複雑なので、別の機会に共有します。
ともあれ、「毎月決まった額が安定して入ってくる」というのは非常にありがたいことです。
やっぱり、お金は生活していく上で必要ですし。
出るものが多ければ、無くなるだけですし。

2.社会のルールではサラリーマンはステータス

こと、日本の社会のルールでは、サラリーマン、いわゆる正社員はかなり優遇されます。
これについても、ぼくはどーかと思うのですが、また別の機会にお話します。
とにかく、なぜか日本では正社員というのがステータス。
車も買えるし家も買える。
信用の証みたいなところがありますよね。
それを逆に利用させて頂く。
こう考えると、一寸得してるよーな気持ちになりますよね。

3.サラリーマンは1つの収入源、テレビにも出ていい

現代は、ものすごいスピードで変わってきています。
国内の業界の壁は既にない。
もはや国境という壁も、あらゆる業界で消えてきている。
そんな状況で、働き方の共有意識というのも、がらっと変わる可能性があります。
というより、変わるのは目に見えていますが。
最近では、いわゆるサラリーマンの方、編集者であったり大手会社の方、社長、こういった方々が、
個人としてテレビに出たり、YouTubeやったり、コミュニティー作ったり活動をされています。
一昔前では考えられなかったことですね。
それ位、働き方も多様になって、より個人的になる。
実際にぼくは、これはすごく感謝するべきことなのですが、サラリーマンは自分のビジネスの1つとして捉えています。
会社のお金を使って「実験」が出来ているのですから。
限りない感謝を。
この時代にサラリーマンでいられること。
明日は分かりませんが、サラリーマンはまだまだ「お得」な職業です。
ということで、サラリーマンはお得!安定収入のありがたみ!心の余裕も少しある。肯定〜でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。