【感想】カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話/木暮太一著を読んで学んだこと

カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話/木暮太一著を読むと学びがたくさんあります。

感想とともに学びを共有します。

本当に学びは沢山あるのですが、その中でも特に印象に残った1つの学びを共有したいと思います。

見出し
1.人生は「快」と「楽」の二者択一。
2.「楽」ではなく「快」を選ぶ。

スポンサーリンク

1.人生は「快」と「楽」の二者択一。

新しいビットマップ イメージ.jpg

「人生は「快」と「楽」の二者択一。」

カイジの著者である福本先生が監修して出版された「カイジ語録」の中の言葉が紹介されています。

「楽」とは、ああもういいやって辞めて、ビールを飲んで寝転んでナイターを見ること

「快」とは、何かを一生懸命やってそれができたときに感じること

「快楽」1つとっても、どちらの側面を選ぶかで人生は全く違うものになるというのが、ぼくは分かりやすくイメージ出来ました。
「楽」は達成感も何もなく、ダラダラと欲望のままに時間を使っている。

「快」は目標を立てて、その結果それが達成出来た時の達成感を言っています。

人としての成長であったり、ビジネスマンとしての成長に関して、「快」を選ぶことの重要性が分かりやすく見えてきます。

2.「楽」ではなく「快」を選ぶ。

楽な人生ではなく、快な人生を選ぶことが大切です。

そのために楽な仕事ではなくて、快が感じられる仕事をすることといった具体的な行動のアドバイスもしてくれます。

確かに、楽な仕事は報酬が安いし飽きて来ます。

そしてダラダラやってしまい自己の成長には繋がりません。

快が感じられる仕事選びから、その選択は始まっているのだとぼくは感じました。

万が一、楽な仕事で甘んじてしまっている方がこの記事を読んでいたら、それは直ちに改める必要があるとぼくは思います。

楽な仕事は楽で良いのですが、その仕事のクオリティ以上のことは出来なくなります。
それでは仕事や人生はつまらないと思います。
今は仕事選び1つとっても様々なサービスがあり、情報も得ることができます。

自分のキャリアを考え直すというきっかけも必要です。

下記はぼくが実際に活用させて頂いていた転職エージェントサービスです。

アドバイザーが親身になって相談に乗ってくれます。

ということで【感想】カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話/木暮太一著を読んで学んだことでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。