座らない生活!座り過ぎ危険の理由。人間は「動物」同じ姿勢は慣れていない

人間は「動物」同じ姿勢でずっとじっと過ごしているように体は出来ていない。

こういった主旨の文章があります。

山田恵子さん著の「立つだけ」ビューティー」の一部です。

この本から考えたことを自分なりにまとめました。

見出し
1.座らない生活!人間は動く生物
2.なるべく座らない!1時間に1回立つだけ
3.座らない生活!座る時、寝る時のポイントも

スポンサーリンク

1.人間は動く生物

最近、座り過ぎが良くないと言われるようになってきました。

何故座り過ぎが良くないのか?

この理由は漠然としています。

理由がわからないので、ぼくはモヤモヤしていました。

そんな折、この本に出会いました。

山田恵子さん著の「立つだけ」ビューティー」です。

この本の中には、「人間は「動物」であり、同じ姿勢でずっとじっと過ごしているように体は出来ていない。」といった内容の文章があります。

これだ!
と直感的にぼくは思いました。

座り過ぎが悪いのではなく、「同じ姿勢でずっとそのままで居るというのが体に悪い」と変換することが出来ました。

同じ姿勢でじっとしがちなのが、座るという行為なんだなーと。

特に現代はデスクワークが増えて、座る機会が格段に増えています。

もともと持って生まれた「動物」という特性を活かそうと再確認出来ました。

2.1時間に1回立つだけ

現代はなかなか座る場所、座らなければならない機会が多いもので、座らないという選択肢は取り辛いです。

それであればということで「立つだけ」ビューティー」の本の中では、座っていても、1時間に1回は立ち上がることを推奨しています。

たしかに、たったこれだけで同じ姿勢での座り過ぎは解消されますね。

3.座る時、寝る時のポイントも

座る時はわかった、でも座るよりももっと長時間同じ姿勢の寝る時はどうなのか?ということもこの本は教えてくれます。

寝る際のポイント、座る際のポイントを知ることが出来ます。

マンガが所々に差し込まれているので楽しく読みやすい書籍です。

この本は下記から手に入れることが出来ます。

ということで、人間は「動物」同じ姿勢でずっとじっと過ごしているように体は出来ていない。「立つだけ」ビューティー/山田恵子著でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です