企業の禁煙の取り組みで、採用時に「禁煙ポリシーに関する同意書」を書いてもらう企業も。

最近では自治体や国をあげて、禁煙の取り組みが目立つようになって来ています。
それは、企業でも例外ではありません。
企業の禁煙の取り組みで喫煙に対する意識が変わっています。
ぼくが面接を受けた企業のひとつに「入社時に喫煙者か禁煙者かで合否が決まる」という企業がありました。
スポンサーリンク
これは、企業の禁煙の取り組みとしてはすごく効率的だなと感心しました。
禁煙ポリシーというのは、あらかじめ採用時に喫煙している人を採用しないという制度。
たばこ吸う人は最初から採用しませんよということです。
効率的です。
でも、たばこは趣味の一種であり、会社にそこまで管理されるのも如何なものかと思いました。
ぼくは喫煙者という訳ではありませんが、一寸違うかなと思い、その企業には内定貰いましたが断りました。
喫煙に対する企業の意識はこれからどんどん厳しくなって行くと思いますので、喫煙者の方は注意してください。
ということで、企業の禁煙の取り組みで、採用時に「禁煙ポリシーに関する同意書」を書いてもらう企業も。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。