今から10年以上も前にフリーランスや無職を肯定している書籍が存在していた。 時代の先取り。

今から10年以上も前に、無職やフリーランスを肯定してくれている書籍が発行されていました。
今でこそ、フリーランスやニート、フリーターという言葉が世の中に浸透し、認知されるようになっています。
でも、10年以上前はそんな言葉すら認知されていなかったのではないでしょうか。
そんな時代に、ある意味マイナーな書籍を発行するというのは勇気が要ることだったと思います。
売れるかわからないし。
でも、確実にぼく個人には数年前に届いています。
この書籍に助けられたこともあり、恩返しの一環としてブログでシェアしたいと思います。
見出し
1.10年以上前にフリーランス無職を肯定した書籍タイトル
2.フリーランスや無職が勇気付けられる内容

1.10年以上前にフリーランス無職を肯定した書籍タイトル

10年以上前にフリーランス、無職を肯定している書籍、厳密にいうと、2002年9月20日に第1刷発行されています。
出版社は双葉文庫。
書籍のタイトルは「きょうからの無職生活マニュアル」です。
著者はバイト生活向上委員会となっています。
この本、文庫版のサイズで持ち運びにも良いですし、内容もぎっしりつまっています。
それでいて、1割程あるマンガはコミカルに描かれており、これから無職やフリーランスを考えている方には必読の内容となっています。
発行年が10年以上前なので、手続き等変わっている部分もあるのかと思いきや、そこまで重要な変更点はありませんでした。
ありがたいことに、役所や税金関連の手続きは、そこまで大幅に変わっていないです。
現在でもそのままマニュアル本として活用することが出来ます。

2.フリーランスや無職が勇気付けられる内容

10年以上前は、今のようにフリーランスやノマド等の働き方が認知されていなかったと思いますし、働く=会社に勤めるという風潮があったと思います。
そんな中で、一部の人に向けた出版した書籍です。
そういったストーリーも魅力的ですが、内容もフリーランスにとってすごく勇気を貰える内容になってます。
フリーランスあるあるとか、マンガで描かれていて単純に笑えますし。
フリーランス、無職、ノマド、フリーターの方々に、是非おすすめしたい書籍です。
「きょうからの無職生活マニュアル」はAmazonで買うことが出来ます。
ということで、今から10年以上も前にフリーランスや無職を肯定している書籍が存在していた。 時代の先取り。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です