高校でぼっちになったらチャンス!勉強してみよう。

高校でぼっちになった方に朗報です。
高校でぼっちになれるというのは、勉強をする、またとないチャンスです。
その理由を3つお伝えいたします。
見出し
1.卒業したら別世界
2.勉強したら大学行ける
3.勉強したら働ける
スポンサーリンク

1.卒業したら別世界

高校でぼっちになってもだいじょうぶです。
高校を卒業すると、別世界が待っています。
むしろ、この先二度とぼっちにはなれないかも知れません。
高校生という貴重な時間を、ぼっちとして過ごせるのは、なかなか一寸他の人には味わえない体験ですよね。

2.勉強したら大学行ける

ぼっちのメリットには「誰にも邪魔されない自分の時間がとれる」とうものがあります。
その時間を何に使うかは時分次第です。
ぼっちということを悩み続けたり、他の人を羨んだりしている暇があったら自分のために行動しましょう。
そのために一番分かりやすいのが勉強をして、大学を目指すことです。
それも、地元とは離れた大学に。
地元を離れて大学に行くと別世界が待っています。
ここでは書ききれませんが、それは、住む場所から、環境、付き合う人、いろんな価値観、こういったものに触れることが出来ます。
ぼくは何も大学に行くことをすすめている訳ではありません。
例えばの例です。
大学進学よりも、専門学校に行くことを選んだり、バイトで興味のある業界に飛び込んで勉強してみたり、誰かのためになりそうなことを勉強してみたり。
高校生でぼっちというのは勉強が出来ます。
これは大きな強みになります。

3.勉強したら働ける

ぼっちのうちに、ある程度勉強をすると今度はアウトプットが出来るようになります。
そのアウトプットが、誰かのためになるのであればそれは立派な仕事です。
仕事は、自分の才能や知識やスキルを、誰かのためになるように変換する作業です。
ぼっちのうちに勉強しておくだけで、その確率がひとつ増えます。
ということで、高校でぼっちになったらチャンス!勉強してみよう。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。