理想的なリーダーとダメなリーダー。上司の姿~内気な営業マン~

おはようございます。k2777です。
今回のブログは、理想的なリーダーとダメなリーダーについて書かれています。
これを読むと、自分がリーダーになった時に気をつけなければならないことが分かります。
ぼくは少なからず上司が居たことがありますし、リーダーになったこともあります。
リーダーになった時に心がけていたことから、上司を参考にしたり、上司を反面教師にしたことをまとめてみました。
実体験からお伝えします。
見出し
1.理想的なリーダー①まず自分がやってみせる
2.理想的なリーダー②ノウハウを共有する
3.理想的なリーダー③ある程度個人に任せる
4.理想的なリーダー④他のフォロワーの前では誉める
5.理想的なリーダー⑤二人きりの時叱る
スポンサーリンク

1.理想的なリーダー①まず自分がやってみせる

この記事では、チームでの一番上の上司、あるいはリーダー以外の人のことを便宜的にフォロワーと呼びます。
理想的なリーダーはフォロワーの先を行き、背中を見せます。
具体的に言うと、ひとつの作業をまずしてみて、それをフォロワーにもやってみてと指示を出します。
作業するフォロワーの気持ちを一番分かっているのは、リーダーでなくてはいけません。
逆にダメなリーダーは、自分でやったこともない作業をフォロワーに指示してやらせようとします。
当然、リーダー自身がやったことがないので作業するフォロワーの気持ちがわかりません。
その指示が実現不可能だった場合でも指示は出せます。言うだけですから。
そういう時には、フォロワーから「無茶ぶり」「言うのは簡単だけどやるのは大変なんだ」「お前がやってみろよ」と思われてしまいます。

2.理想的なリーダー②ノウハウを共有する

理想的なリーダーはノウハウを共有します。
自分で経験したことだったり、発見したこと、やり方やアドバイスを一番先取りしていはのは、フォロワーではなくリーダーだからです。
フォロワーでも再現性のあるノウハウは共有します。
ダメなリーダーは、再現性のあるノウハウであってもフォロワーに共有しません。
「人に全部聞くな。自分でやり方を探せ!」と言って、時には隠したりします。
これでは、フォロワーは分からない中で試行錯誤をし、無駄な時間を使います。
結果的に、チーム全体の目標の進捗が大幅に遅れます。

3.理想的なリーダー③ある程度個人に任せる

理想的なリーダーは最終的な目的地をフォロワーに示します。
加えて、それをやる意味やバックグラウンドをフォロワーに伝えます。
そして、やり方はフォロワーに任せます。
場合によっては、最終報告だけを聞きます。
これによって、フォロワーに主体性が出来、進捗の自己管理もしなければならないため、自分の仕事と意識することが出来ます。
逆に、ダメなリーダーはやり方もきっちり決めて、その通りにフォロワーにさせようとします。
そして、ひとつの段階が終わった際にいちいち報告を求めます。
「あの件、どうなってる?」
と逐一聞いてくるので、フォロワーは恐怖から「作業をしなければならない」と感じます。
こんなダメなリーダーのもとでは、フォロワーは仕事を「やらされている」という意識になります。
作業のクオリティが上がるはずもありません。

4.理想的なリーダー④他のフォロワーの前では誉める

理想的なリーダーは、積極的にフォロワーを誉めます。
それも、他のフォロワーが居る前や公の場所で。
これにより、誉められたフォロワーは素直に嬉しいです。
やったことが、困難であればあるほど、その喜びはひとしおです。
更に、他のフォロワーからも「こいつやるな」と一目置かれるのでモチベーションも上がり、やる気になります。
ダメなリーダーは、他のフォロワーが居る前や、公の場でというのに関係なく、まずフォロワーを誉めることをしません。
自分が出来ているのだから、フォロワーも出来て当たり前、と思っています。
フォロワーの苦労や試行錯誤をしていることをイメージ出来ないので、誉める必要性を感じていないのかもしれません。

5.理想的なリーダー⑤二人きりの時叱る

この項では、「叱る」と「怒る」の違いについても触れます。
理想的なリーダーは、叱る時はしっかり叱ります。
それも、二人きりの時にこっそりと。
そして、それをした時のフォロワーの意見や気持ちも聞きます。
これにより、フォロワーは自分の為を思って注意してくれているんだ。と感じます。
2度と同じ失敗はしないように工夫するようになります。
ダメなリーダーは、他のフォロワーが居る前や公の場で、特定の一人のフォロワーに対して怒ります。
その特定の一人のフォロワーは「自分は見せしめのために怒られているんだ」と感じます。
更に、他のフォロワーからの評価も下がってるんだろうなと想像し、自信がなくなります。
その特定の一人のフォロワーは、怒られたくないという思考になり、行動も強制されます。
成果が上がるわけありません。
既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、フォロワーに注意する時の行動自体にも違いがあります。
理想的なリーダーは「叱る」、ダメなリーダーは「怒る」という行動を取ります。
叱るというのは、相手のためにする注意のやり方です。
怒るというのは、自分のためにするやり方です。
ということで、理想的なリーダーとダメなリーダー。上司の姿~内気な営業マン~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です