タイムバンク偏差値56。VALUよりも審査が厳しい。~タイムバンクとは?実践してみた~

メタップス社が開発した時間を取引出来るサービス「タイムバンク」
タイムバンクとは何か?からぼくが実際に体験した申請、偏差値のことまでお伝えします。
見出し
1.タイムバンクとは?
2.タイムバンク偏差値は56でした。
3.タイムバンク申請は誰でも出来ます。
4.タイムバンクはビットコインじゃない
5.タイムバンク今後に期待
スポンサーリンク

1.タイムバンクとは?

ぼくのTwitterにもまとめましたが、タイムバンクのことをざっくりまとめてみました。
タイムバンクとは?
・時間の取引所
・専門家の空いている時間を売買出来るサービス
・現在はiPhoneアプリのみ、android版アプリに期待
・専門性がある人は、自分の空いている時間を取引所に預けることも出来る。
現在は著名な限られた方が取引を開始しています。
僭越ながら、このぼくもタイムバンクに申請をしてみました。

2.タイムバンク偏差値は56でした。

タイムバンクの偏差値についてお伝えします。
タイムバンクに申請をして、出た偏差値は56でした。
タイムバンク.jpg
「専門家」というのが大切みたいです。
ぼくは矛盾だらけの少数派なので、専門性は今一つ。。。
57以上で申請が出来るということなので、あと1歩ということ。
それがかなり悔しいです。
「専門性」を考える、いい機会を与えてくれて感謝。

3.タイムバンク申請は誰でも出来ます。

矛盾だらけで専門性もないぼくができたように、タイムバンクは誰でも申請出来ます。
公式サイトで簡単に申請をすることが出来ます。

4.タイムバンクはビットコインじゃない

タイムバンクはVALUと違って取引単価がビットコインではありません。
その点では、VALUよりもシンプルに使えるサービスだと言えます。

5.タイムバンク今後に期待

現状では、タイムバンクiPhone版アプリしか出ていません。
Android版のリリースに期待です。
ということで、タイムバンク偏差値56。VALUよりも審査が厳しい。~タイムバンクとは?実践してみた~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。