angel-fishの涙をVoxEdit使い方分からないなりに描いてみた

NFT
本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

angel-fishの涙をVoxEdit使い方分からないなりに描いてみた。

ボクセルアートのクリエイトツール「VoxEdit」で描いてみたんですよ。

見出し
1.VoxEdit使い方分からないけど、始め方はまとめました
2.ボクセルアート作り方「angel-fishの涙」を描くのに没頭してしました

スポンサーリンク

1.VoxEdit使い方分からないけど、始め方はまとめました

正直、VoxEditの使い方は理解していません。

一ヶ月前位に始めてみたのですが、頭の中のイメージをボクセルアートにするまでには、なかなか時間がかかります。

venさんのYoutubeを観ながら勉強中ですよー。

そんなぼくですが、ボクセルアートクリエイターツール「VoxEdit」の始め方だったらお伝えすることができます。

下記にVoxEditの始め方を詳しくお伝えしていますよ。


VoxEditの始め方を簡単に解説ッ!!ボクセルアート始めてみた

ボクセルアートとは?という根本的なことも

2.ボクセルアート作り方「angel-fishの涙」を描くのに没頭してしました

イメージは割とすぐにできました。

ボクセルアートを作るには、最初は描き慣れた紙とペンでイメージを描いておくと、その後の作業が捗りやすいのでおすすめです。

特に、ボクセルアートも作り慣れていないし、VoxEditの使い方もイマイチよく分からない段階ならなおさら。

VoxEditでボクセルアートを作っていると、頭の中が別の作業になります。

「あれ?この部分どうだったっけ?」

と、本来描きたいはずのイメージを忘れてしまうこともしばしば。

だから、最初に紙で「設計図」的なイメージを先に作っておくことが大切ですねー。

イメージが出来上がったら、いざ、VoxEditでボクセルアートを作っていきます。

線を引くのは簡単に出来ます。

感覚的に作業ができるのがVoxEditの魅力ですねー。

2Dの絵は描き慣れていますが、3Dの絵は描き慣れないッ!

頭の中で3Dに「変換」するという作業が必要です。

ボクセルアート初心者、VoxEditの使い方もよくわかっていないぼくですが、ここまで出来ましたよッ!

結構荒いところがあるので、後日、修正したいなと思っています。

angel-fishの涙、更新したらまたこのブログに書いていきますね。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました