VALU使い方2通りの概要~VA取引する、VA発行する~

VALUの使い方は、大きく分けて2通りあります。
①VAを取引する
②VAを発行する
2つの項に分けて概要を紹介していきます。
具体的な画面上の操作については、別の記事で。
見出し
1.VALUの使い方の概要①VA取引き
2.VALUの使い方の概要②VA発行する
3.VALU 2通の使い方の概要まとめ
おすすめ記事
スポンサーリンク

1.VALUの使い方の概要①VA取引き

VAの取引は、他の人のVAを保有して応援したり、優待をもらったり、売却したりすることが出来ます。
株やFXをやられたことがある方は、分かりやすいと思います。
イメージそれと同じです。
その対象が、会社ではなく個人という所がVALUの最大の面白さです。
具体的には、
・VALUで応援したい個人に資金をカンパする
・VALUを保有して優待を受け取る
・VAを、価値が低い時に買って、価値が高い時に売って利益出す
こういった使い方が出来ます。

2.VALUの使い方の概要②VA発行する

VALUを始めると、自身のVAを公開することが出来ます。
いわば、個人である自分の株をVALUというサイトを通じて世界に放出します。
VA発行の具体的なメリットとしては、
・活動資金を援助して貰える
・知名度があげられる
VALUには、VAを発行することでこういった使い方も出来ます。
知名度があげられる理由としては、
VALUには「ウォッチリスト」というのがあって、ここに誰かのVAを登録しておくとタイムライン上に情報が流れる仕組みになっています。
「ウォッチリスト」は相互の傾向が強いです。
自分が「ウォッチリスト」に誰かを登録すると、その誰かも自分のことを「ウォッチリスト」に登録してくれるということです。
結果的に、人の目に触れる機会が増えます。

3.VALU 2通の使い方の概要まとめ

株やFXと仕組み自体は似ていますが、VALUでは現金ではなくビットコイン(仮想通貨)が通貨になっています。
ここが、少し複雑な部分です。
VA自体も価値が上下しますが、更にビットコイン自体も価値が上下するんです。
ダブルで価値の変動があります。
現在は、ビットコインの価値は高騰していますが、この先はどうなるか分かりません。
でも、まずはビットコインの取引所に登録して自分のお金をビットコインに変えてみるということだけでも、小さな発見があります。
ということで、VALU使い方2通りの概要~VA取引する、VA発行する~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
おすすめ記事
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。