文系はほとんどが営業!その割合

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

今の仕事に不満を抱えることは、誰にでもあるものです。特に、就職活動の際に営業職しか選択肢がなかったという経験を持つ人々にとっては、本当は営業をやりたくなかったにもかかわらず、現在の仕事に就くことで不満を抱えることが多いかもしれません。しかし、仕事の不満を解消するためには、環境を変えることが重要です。転職を考えることで、自分に合った別の職種や業界で働くことができるかもしれません。本記事では、文系で営業に就く割合の高さや、営業以外の選択肢について探ってみましょう。

見出し
1.文系はほとんどが営業!その割合
2.文系で営業の割合は高いけど、営業以外もある事実
3.まとめ

スポンサーリンク

1.文系はほとんどが営業!その割合

就職活動時に文系の学生が直面する現実は、営業職が圧倒的に多いということです。

企業側から見れば、営業職には常に需要があり、ビジネスの成果に直結する重要なポジションとされています。

そのため、営業職の求人が数多く出され、文系の学生たちは他の職種よりも営業に就くことが一般的な選択肢となっています。
統計によれば、文系学部出身者の約70%が営業職に就いているというデータがあります。

これは、文系の学問が抽象的な知識やコミュニケーション能力を重視し、それが営業職に求められるスキルと一致しているためと考えられます。また、営業職は成果報酬やキャリアアップの機会が多いことから、経済的な安定や成長の可能性を求める学生たちにとっても魅力的な選択肢となっているのです。

2.文系で営業の割合は高いけど、営業以外もある事実

しかし、文系の学生が営業以外の選択肢を持つことは決して不可能ではありません。実際に、営業以外の職種や業界には文系出身者が活躍しています。文系の学問が抱える特性やスキルは、営業以外の職種でも十分に活かすことができます。

例えば、コミュニケーション能力や文章力は、マーケティングや広報、クリエイティブな職種において非常に重要な要素です。文系の人々は、論理的な思考や情報整理能力にも優れており、データ分析やプロジェクト管理といった職種にも適性があります。また、教育や研究、コンサルティングなど、知識や専門性を求められる領域でも文系の学問が役立ちます。

さらに、営業以外の職種に転職することで、自身の興味や関心に合わせた仕事に従事することができます。もし本当は営業をやりたくないのであれば、自分の適性や情熱に基づいた職種を探しましょう。他の職種に転職することで、仕事へのモチベーションが高まり、充実感ややりがいを得ることができるかもしれません。

転職を成功させるためには、自身のスキルや興味に合った職種を見つけることが重要です。自己分析を行い、自分が得意とする能力や好きなことを整理しましょう。また、既存の人脈や情報を活用することも有効です。業界や職種の研究、関連するイベントやセミナーへの参加、転職支援サービスの活用なども検討してみてください。

3.まとめ

文系の学生が就職活動時に営業職に選ばれることが多い一方で、営業以外の選択肢も存在します。もし現在の仕事に不満を抱えているのであれば、環境を変えることで新たな職種や業界で自分らしく働くことができる可能性があります。
転職を考える際には、自身のスキルや興味、適性を考慮した上で、他の職種や業界を探求してみてください。

実際に転職することはなくても、「転職活動をする」だけでも、これまでとは違った新しい挑戦になりますよ。

下記をご参照ください。

初めての転職ッ!やり方21ステップ【5回の転職経験から】

ぼくは5回の転職を経験しています。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました