内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時、ぼくが行った解決策

内定もらうのは嬉しいのですが、やりたくない仕事、働きたくない会社の場合があります。

ぼくも体験したことがあります。

実際にぼくが、転職時に、やりたくない仕事で内定をもらった時の選択肢2つ。

更に実際にぼくがやった、対処方法をお伝えします。

結論としては、内定への返事を引き延ばし転職活動を継続する。です。

見出し
1.内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時の悩み
2.内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時に、2つの選択肢
3.内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時、ぼくが実際にやったこと

スポンサーリンク

1.内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時の悩み

内定で、やりたくない仕事働きたくない会社の時の悩み。

転職活動をしていて、なかなか内定が決まらないッ!

やっと内定が決まったと思ったら、それは第一候補とは程遠いやりたくない仕事だった時。

更に働きたくない会社だった場合。

悩むと思います。

就職するか、それとも内定を蹴って他の会社を探すか。

あらかじめやりたくない仕事と分かっている場合は、悩みが大きいです。

内定を貰えたのがやりたくない仕事のみだった場合は、それはそれは絶望的な気持ちになりますよね。

やりたくない仕事をして、完全に目が死んでいる未来のじぶんが見てえしまっているッ!

やばみ。

しかしながら、この内定を逃すと、次はいつ内定を貰えるかわからない。

更に、せっかくもらった内定を蹴って転職活動をしたとしても、永遠に内定が決まらなかったら。。。

無職ッ!

これまた、つらみ。

転職活動での大きな悩みの1つだと思います。

ようやく内定を貰えたけと、やりたくない仕事、働きたくない会社だった場合にはどうするか?!

ぼくは実際に経験しているので、実体験からお伝えしますね。

2.内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時に、2つの選択肢

内定もらったはいいけど、やりたくない仕事、働きたくない会社の時に、選択肢は下記2つです。

・やりたくない仕事でもせっかく内定をもらったのだから、就職をする

・やりたくない仕事の内定を利用して、更に転職活動を続けてみる

どちらかですね。

どちらも一長一短。

下記に二通の詳細をお伝えしますね。

・やりたくない仕事でもせっかく内定をもらったのだから、就職をする

せっかくの内定。

じぶんはやりたくない仕事でも、せっかく企業が受け入れてくれるっていうのだから、とりあえず就職してもいいのではないでしょうか。

それよりも、転職活動のストレスから開放されたいッ!

だからこそ、転職活動のストレスに潰される前に逃げるッ!

転職活動からの逃げですよ。

仕事があるだけマシ!

無職にならないためにも、やりたくない仕事でもチャレンジしてみる。

今はやりたくない仕事と思っていても、やってみないと分かりません。

もし本当にやりたくない仕事で、やりたい仕事がある場合。

片手間でやりたくない仕事をしつつ、やりたい仕事のために準備するという戦略もあります。

やりたくない仕事で内定を貰ってそのまま転職するデメリットは下記です。

元の仕事の方がマシだったと後悔
やりたくない仕事は本当にやりたくない仕事だったのでストレス

上記の2つですねー。

やりたくない仕事で内定を貰って転職するメリットとデメリットはこんなところです。

・やりたくない仕事の内定を利用して、更に転職活動を続けてみる

やりたくない仕事の内定を利用して、更に転職活動を続けてみるという方法があります。

例えやりたくない仕事であっても、内定一件は一件。

内定を取れたことに自身を持ちましょう!

内定を全く取れない人もいる中で素晴らしいですよッ!

その自信のまま、そのまま転職活動継続するという方法です。

これまでよりも大胆に、かつ自由に転職活動や面接が出来ると思います。

ダメ元の企業にエントリーシート送ったり、やりたいけど競争が激しすぎるので諦めていた企業へのアプローチなど!

まだまだ転職活動で出来ることは多いですねー。

デメリットは、やりたくない仕事の会社は内定をいつまでも待ってくれないこと。

ある程度すると、内定を出しましたが入社してくれますか?それとも内定を辞退しますか?

そんなことを聞かれるようになります。

ギリギリまで引き延ばしましょうッ!

ただ、内定を引き延ばせば引き延ばすほど、企業側からの印象は悪くなりますし内定を企業側から取り消しなんていうリスクもあります。

3.内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時、ぼくが実際にやったこと

上記のように、内定でやりたくない仕事働きたくない会社の時は二通の選択肢があります。

ぼくが実際にやったことは、後者です。

内定をもらった企業がやりたくない仕事だった場合は、内定への返事を出来る限り引き延ばす。

そして、転職活動を継続することです。

更に、内定を複数貰って、その中でじぶんで選ぶという方法です。

喜ばしいことに、内定を何社か貰えたので、決定権はこちらにあるんですねー。

この状況になってからこそ、正常な判断が出来、じぶんの判断だからこそ後悔はしませんよ。

選択肢は多い方がいい。

内定をもらった企業が、やりたくない仕事だった場合は、転職活動を継続します。

転職エージェントまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。
 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 同じ20代は、こういったサイトで着々と、市場価値に合った転職活動を進めていますよ。

転職ドラフト
 エンジニアに特価した転職サイトです。
この先、エンジニア不足が必ず起こります。
労働市場においてエンジニアの高待遇さを見てみるのも一つの手ですよ。

またブログ書きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク