柴犬コイン、保有者に「.shib」のドメイン提供!歓喜!69日目のブログ

仮想通貨

柴犬コイン、保有者に「.shib」のドメイン提供!

歓喜!

ぼくは柴犬コインを保有していますが、なかなか使い道がないんですよ。

そんな中、嬉しいニュースが飛び込んできましたよ。

ぼくは柴犬コイン保有をしており、更にビットコインの運用も同時進行でしています。

その69日目のブログも公開しますね。

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催、借金200万円完済
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 柴犬コインガチホしながら、ビットコイン年利10%で運用中

見出し
1.柴犬コイン、保有者に「.shib」のドメイン提供!歓喜!
2.柴犬コインの使い道は、ドメイン保有するためと、上がった時の利益確保
3.柴犬コインは上がるのに時間がかかりそうなので、ビットコイン運用
4.ビットコイン運用69日目のブログ
5.まったくの初心者がビットコイン年利10%で増やしていく方法

 スポンサーリンク

1.柴犬コイン、保有者に「.shib」のドメイン提供!歓喜!

柴犬コイン、保有者に「.shib」のドメイン提供!

歓喜!

2023年12月25日現在、「.shib」のドメイン提供はまだされていません。

柴犬コインから「準備中ですよ」と第一報が入った状況です。

詳しい情報は現在調べている最中ですが、「.shib」ドメインがあれば、例えばウォレットのアドレスを任意の文字列にする等、使い道も増えて行きそうです。

現在のウォレットアドレスは「0xkl0xx~」とか訳の分からない文字列で覚えられません。

「.shib」ドメインを使って「sanposhi.shib」とかに固定出来たら間違うことがありませんよね。

わくわくします。

2.柴犬コインの使い道は、ドメイン保有するためと、上がった時の利益確保

柴犬コインの使い道は、ドメイン保有するためと、上がった時の利益確保くらいで考えています。

実際に、柴犬コインはミームコインと呼ばれ「ネタ」や「ジョーク」といった意味合いが強いです。

でも、「.shib」ドメインを持てるとなれば保有しておく方がいいですね。

また、柴犬コインは過去に38万円が176億円になったという億り人を輩出したコインです。

50万倍、億り人、再来なるか?

夢がありますねー。

3.柴犬コインは上がるのに時間がかかりそうなので、ビットコイン運用

ぼくは2023年8月、1SHIB=0.0014円の時に約6,500万SHIBを買いました。

当時、日本円だと10万円の時でした。

あれから5か月ほど経ちますが、一向に上がらないッ!

上がらないのでそのうちの約半分、約3,500万SHIBは別のアルトコインに替えました。

約3,500万SHIBは問題なく売却することが出来ましたよ。

でも、考えてみれば、6,500万SHIBって持ちすぎだと。

過去には、SHIBの量が多すぎて換金できないというトラブルもあったようです。

現在、約3,000万SHIBを保有しており、日本円だと約5万円です。

柴犬コインは、何倍にもなって億り人になるかもしれないという、夢があるコインです。

でも、ぼくとしてはこれってかなり時間がかかると予測しています。

そして、確実に上がるという保証もありません。

だから、柴犬コインを買った時のお金の使い道としては、「宝くじ買った」くらいの感覚ですよ。

ぼくは柴犬コインは約3,000万SHIBはガチホする予定です。

それと同時進行で、コツコツとビットコインを増やしてもいるんですよ。

柴犬コインよりも、ビットコインの方がその価値が上がる可能性に確実性があると思います。

何より、発行上限があらかじめ決まっていることがあります。

ビットコインは上限が決まっているので、欲しいと思っても手に入らない人も出てくるかと。

希少性が高まるので、価値がどんどん上がっていくという展開を期待しています。

柴犬コインにも発行上限はありますが、兆単位と、かなり多すぎです。

バーンという、柴犬コインの数量を減らす仕組みは毎日行われていますが、それでも、ビットコインと比べると希少性はないのかと。

だからぼくは、コツコツと着実にビットコインの量を増やしていますよ。

柴犬コインは「.shib」保有のために持っておく、そして不確実ではありますが価格高騰で億り人を目指す。

そして、ビットコインは確実にその保有数量を増やして行く、2025年に過去最高値を更新するという予測のもと、その時のためにより多く持っておくという方向です。

4.ビットコイン運用69日目のブログ

ここからは、ビットコイン運用69日目のブログです。

具体的にはビットコイン0.29BTCを年利10%で複利運用して、69日目です。

何を行っているかと言うと、サービス会社にビットコインを預けて、第三者に貸し出してもらって、その利息を頂くということをやっています。

いわば、「ビットコイン貸し屋さん」をやっているというわけです。

一番効率がよく年利も高く設定できるのはDeFiです。

DeFiは、個人が銀行のお金貸しみたいなことをできます。

ただし、これには勉強が必要だし、英語なんですよねー。

借りてくれる人を探す必要もありますし、条件等細かな交渉や打ち合わせも必要。

時間もかかりそうです。

ぼくもまだ未経験なんですよ。

だから、中間にサービス企業をかませて、そのサービス企業にまるっとお任せしています。

ぼくがやったことと言えば、口座を作ってビットコインを預けただけ。

その先の、「誰にどういった条件で利息何パーセントで貸すのか」というのは、そのサービス会社がやってくれています。

これ、あまり知られていませんが、誰でも簡単、無料で始めることが出来るんですよ。

下記のサービスです。

PBRレンディング

上記からサクッと登録できちゃいます。

ぼくは年利10%で運用していますが、条件次第では年利12%も可能です。

これについては、実際に公式サイトでご確認下さい。

年利10%というのも破格の設定ですよ。

100万円だったら、1年後には110万円以上になっているということですからね。

110万円以上としたのは、複利運用ということが関係しています。

100万円に対する利息分も自動的に元金に加算され、これを基に利息が決定します。

いわば「雪だるま式」に利益が増えるという仕組みです。

借金をする側ではなく、させてあげる側になるということ。

ビットコインは2つの国で法定通貨に採用されています。

貧乏で、今日の食事代のためにビットコインを借りるという人も、一定多数いると想像しています。

また、こちらの方が多いと思いますが、借りたビットコインを使って、トレードとかをして、更にビットコインを増やすというやり手のトレーダーの軍資金という想像もしています。

こちらはただ、その軍資金を貸しているだけなので、特に何もすることはありません。

株の取り引きやFXに慣れていない今のうちは、そういったトレードは誰かに任せて、じぶんは自動的に増えていく様を眺めているという方が、リスクは抑えられるかと。

ビットコインも頻繁に取引がありますが、素人が参入されると「カモ」にされかねない。

だからぼくは、ビットコインを貸すということの比重は高いです。

実際のぼくのビットコイン運用69日目の結果は下記です。

BTC
貸借率  10%/年
貸出数量 0.29727449BTC
利息合計 0.00508873BTC
返還数量 0.30236322BTC
元本比率 101.711795%

約0.29BTCを預けて、約0.005BTC増えています。

BTC=600万円とすると、利息だけで3万円です。

2ヶ月強で何もしなくて3万円増えるのは、カナリいい案件ですね。

これ、10倍のビットコインを預けられたとすると、2ヶ月で30万円ですよ。

このサービスの良いところはデイリーで利息の確認ができることです。

2023年 12月
日付 項目 数値
2023/12/25 利息 0.00000265BTC
2023/12/25 利息 0.00002142BTC
2023/12/25 利息 0.00005485BTC
2023/12/24 利息 0.00000265BTC
2023/12/24 利息 0.00002142BTC
2023/12/24 利息 0.00005483BTC
2023/12/23 利息 0.00000265BTC
2023/12/23 利息 0.00002141BTC
2023/12/23 利息 0.00005482BTC

毎日、利息が付いています。

そして、その利息も自動的に元金に加算されます。

結果、元金が日々増えて行き、それによって利息額も日々増えていくことになります。

「雪だるま式」にビットコインが増えて行っていますよ。

下記からサクッと登録可能です。

口座開設されるまでは3日間くらいかかるので、時間がある今のうちに登録だけはしておきましょ。

登録だけなら10分程度で終わります。

PBRレンディング

5.まったくの初心者がビットコイン年利10%で増やしていく方法

まったくの初心者の方でも、ビットコイン年利10%で増やしていくことは可能です。

必要なのは下記。

・仮想通貨取引所の口座
・運用先の口座
・現金6~10万円ほど

やり方は下記です。

①仮想通貨取引所の口座開設

下記公式サイトから口座開設です。

コインチェック

初心者であればコインチェックが迷うことないので、おすすめです。

②現金6~10万円をビットコインに替える

コインチェックで口座開設する方法を簡単に解説ッ!

③運用先の口座開設

下記の公式サイトから登録です。

PBRレンディング

④コインチェックからPBRレンディングへ送金

下記をご参考にしてくださいね。

コインチェックからPBRレンディングを始める方法

ビットコインは持っているだけで価値が上がる可能性があります。

更に、コツコツと年利10%で運用することにより、ビットコインそのものの数量を自動で増やすことができるんですよ。

最後に、このブログの内容をまとめますね。

柴犬コイン、保有者に「.shib」のドメイン提供という嬉しいニュースがありました。

歓喜!

柴犬コインの使い道としては、ドメイン保有するためと、上がった時の利益確保とぼくは考えています。

柴犬コインは上がるのに時間がかかりそうなので、同時進行でビットコイン運用を運用しています。

また、ビットコイン運用69日目のブログを公開させて頂きました。

69日で30,000円分の利息が付いています。

そして、まったくの初心者がビットコイン年利10%で増やしていく方法もお伝えしました。

手順は複数ありますが、まずはコインチェックの口座開設からスタートです。

コインチェック

コインチェックの口座では、ビットコインだけではなく柴犬コイン(SHIB)も購入できます。

この際、柴犬コイン(SHIB)保有者になり「.shib」ドメインの公開を心待ちにしてみてはいかがでしょうか。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました